« イムラン・カーン | トップページ | セレブ・ヒルトン to jail »

2007年5月16日 (水)

ライス訪ロの現実

今日は、コンドリーザ・ライス(愛称・コンディ)がモスクワまでプーチンに会いに行った話を取り上げてみたい。

 ミニのスーツをビシッと決め、足を組んで脚線を露わにし、説得力のある外交交渉を展開する才女と、冷徹な表情から時おりニヒルな笑顔がのぞくロシアの策謀家。どちらもクールで侮れない魅力を持っている。

 コンディの訪問の目的。いうまでもなく「新たな冷戦」とさえ言われる米ロ両国間の懸案を話し合うことだ。具体的に、メディアが取り上げているのはポーランド、チェコの中欧2カ国への米ミサイル防衛基地(MD)建設計画や、コソボ独立をめぐる両国の対立である。

 だが、この問題は所詮、双方とも主張を曲げるわけにはいかないだろう。プーチンが「米国は世界を一極化しようとしている」といえば、米国は「クレムリンへの権力集中は問題」と応酬するなど、メディアを通じての、批判合戦が続いていたが、これは主に選挙などをにらんだ国内向けという冷静な見方もある。

 当然、今回の訪問後の記者会見はー。

ロシアを訪問中のライス米国務長官は15日、モスクワ郊外でプーチン大統領と会談した。会談後、同席したラブロフ外相は「MDについては我々の立場を説明した。コソボ問題についてみなが納得する解決策を目指すことで合意したが、残念ながらまだ見あたらない」と述べた。ライス氏は「米国の安全保障政策への拒否権は認められない」と述べ、MD計画を推進する姿勢を改めて強調した。 (時事通信)

 予想通り、平行線の議論に終わったことになる。CNNやニューヨークタイムス(電子版)によると「お互い、きつい言葉で言い合うのはやめましょう」というのが唯一の一致点、というわけだ。

 ただ、ここからは僕の個人的見解になるが、米ロはやはり「パートナー」である。新冷戦でお互いの経済的利益を損なう必要は全くない、と考えているはずだ。
 
 いまや豊富な資源を元手に巨大化したロシアマネーは世界に投資先を求めている。ドイツの金融機関の支援で石油や天然ガスなど資源産業を次々と国有化したプーチンはアメリカにも天然ガスを売り込もうと考えている。
一方、アメリカもロシアマネーや、ロシアを代表する企業であるガスプロム、ロスネフチなどへの投資に強い関心を持っている。

 再び、経済的にも大国化しているロシアが、勢力圏をめぐって政治的にアメリカを牽制するのは自然の成り行きだが、当面、テロ対策とマネーにおいては協力せざるをえない。

 コンディもプーチンもお互いの政治的立場は理解しつつ、しっかりとリアルな経済問題について話し合ったのではないだろうか。

« イムラン・カーン | トップページ | セレブ・ヒルトン to jail »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/6437740

この記事へのトラックバック一覧です: ライス訪ロの現実:

« イムラン・カーン | トップページ | セレブ・ヒルトン to jail »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ