« 柏崎刈羽原発被災の衝撃 | トップページ | 与党圧勝のトルコ、EU加盟は? »

2007年7月31日 (火)

美しい日本語で語れよ、安倍さん

予想通り、与党大敗で終わった今回の参院選。敗因を理詰めで分析するのは専門家に任せよう。知れば知るほど真実から遠ざかるということもある。

僕たち庶民は主にテレビから受ける印象で判断する。つまりは安倍首相、赤城農相、麻生外相、久間前防衛相、柳沢厚労相らの顔や表情や発言、雰囲気が勝負を決めた。

「失言恐怖症」の首相と「失言鈍感症」の閣僚たちが、この事態を招いた、とみることもできる。

とくに、この国の首相の「失言恐怖症」「言語欠乏症」は極限に達している。

大勢判明後のメディアの関心はただ一つ。首相が退陣するか、続投するかだ。答えは「続投」。なぜ民意に反して続投するのか。

「この惨敗の責任は私にある。国民の声を厳粛に受け止める。私の政権への批判だと思う」としながらも、以下の発言を繰り返す。

「約束を果たすことが私の責任、使命だと決意している」

「これまで進めてきた美しい国づくりは、基本的には国民の理解を得られていると思う。その方向で進んでいくことが(政府与党への)信頼回復につながる」

自分本位の勝手な言い分に説得力はない。自らの政策に自信があるのなら、なぜそのことを生きた言葉で説明し、国民に訴えかけないのか。

振り返れば、安倍さんのこれまでの発言、とくに閣僚をかばう時は無味乾燥な同じ言葉の繰り返しばかりだ。

たとえば 赤城農相の事務所費問題について。

 ――首相の認識は。

 「秘書を通じしっかり説明するよう指示した。赤城さんから詳しく説明されたと聞いている」

  ――問題はないと。

 「しっかりと説明されたと聞いている」

  ――危機管理として問題はなかったか。

 「3年間保存を義務づけられた分はしっかりと説明したとみている」

情けない。悲しくなる。政治家は言葉が命だ。積極的に発言していかなければならない。情熱を持ってビジョンを語らねばならない。自らの世界観や哲学を織り込んだ魂のこもった言葉に、決して失言はない。

揚げ足取りのジャーナリズムは国民に見捨てられるだけだ。そんなものは無視すればいい。

よく考えていただきたい。「美しい日本」は、国のトップの生き生きとした人間味あふれる「美しい日本語」で表現され、実現されていくということを。

« 柏崎刈羽原発被災の衝撃 | トップページ | 与党圧勝のトルコ、EU加盟は? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「美しい日本語で語れよ、安倍さん」というクレイジーパパの所論に同感です。応答も対談も鼎談も演説も余りにも抽象的で又余りにも多弁すぎると思いますね。

安倍内閣が誕生して「憲法改正」と言うのを聞いたときには47年前、1960年6月15日、国会議事堂チャペルセンター前の大勢の学生とともに「安保反対、岸を倒せ!」のシュプレヒコール大合唱に加わっていた日の事を鮮やかに思い出しました。機動隊との衝突で樺美智子さんが亡くなり夜更けとともに攻勢に出た警察の催涙弾に追われやむなく駒場寮で仮眠をとり翌朝下宿に戻る電車の中で朝日新聞を見ると「暴徒、国会を襲撃」の見出しです。この朝日の驚くべき変節とともに、そのときの、汚れたシャツ姿の学生に対する無言の乗客の冷ややかな眼差しに接して、私は初めて政治や社会という恐るべきマクロなもの、粛然たるリアルなものを実感したものです。

あの岸さんの外孫の、子供のころにお祖父さんの岸さんの前で、デモ隊の真似をしてアンポハンタイ!と叫んで笑われたという安倍さんが総理大臣になってやたら「しっかりと」とか「まさに」とか「と思うのでございます」とかいう紋切り型の馬鹿丁寧な日本語で話すのを聞いていると、安倍さんは何を恐れているんだろう、変節の朝日なのかな、浮気なミーハー大衆なのかな、それとも優柔不断な自分自身なのかなと思わされます。優柔不断なリーダーをもつことくらい国民にとって不安で不幸なことはありません。

「桃李もの言わず自ずから渓を成す」です。芸達者な小泉三文オペラの真似はしない方がいいのです。現に今回の選挙の惨敗は小泉劇場の毒が安倍さんの学芸会に回ってきたようなものだからです。美しい言葉とは、日本語であれ何語であれ、たとえ訥々と話していても聞く人々の心を打つ、打つくしい言葉です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柏崎刈羽原発被災の衝撃 | トップページ | 与党圧勝のトルコ、EU加盟は? »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ