« 美しい日本語で語れよ、安倍さん | トップページ | 朝青龍と相撲道 »

2007年8月 2日 (木)

与党圧勝のトルコ、EU加盟は?

トルコは中東? それともヨーロッパ?。

もちろんイスラム教の国だから中東。いや、イスタンブルはかつて東ローマ帝国だったし、サッカー協会もヨーロッパに所属しているのだから、ヨーロッパでは…。

まあそれはともかく、トルコがEU(欧州連合)への加盟申請をしており、ヨーロッパの一員になりたがっているのは事実である。西欧化は「父なるトルコ人」アタテュルク以来の悲願なのだ。第一次大戦後、連合国に領土を分割されそうになったとき、英雄アタテュルクが独立を勝ち取り、旧来のトルコ社会を一変させる大改革に乗り出した。憲法を制定、一夫多妻制を廃止、女性の参政権を認め、イスラム教は国教ではなくなった。

先日行われたトルコの総選挙。与党、AKPが圧勝した。イスラム政党である。対する世俗派政党、つまり宗教色のない政党CHPは大敗した。続投が決まったレジェップ・タイイップ・エルドアン首相は「経済、民主化改革を推進する」と勝利宣言した。

2002年11月、結党わずか1年のAKPが選挙で地滑り的勝利をおさめて以来、エルドアン人気のもと、トルコは急速に人権問題や経済の改革を進めてきた。インフレを抑え、インフラ整備も多くの地域で進めた。

「欧米の国々からみると、イスラム教は、対立や破壊の代名詞のようなイメージがあるようだ。そんなイメージをトルコが変える」。エルドアンはそのように考える。穏健で非常にバランスの取れたイスラム教徒なのだ。

ところが、人権問題の改善などを評価されて2005年からスタートしたEU加盟交渉が、想像以上に難航している。

西欧の側では「クルド人への人権侵害がある」「オスマン帝国時代のアルメニア人虐殺への謝罪が足りない」「キプロス問題でギリシャに譲歩すべきだ」などの理由で、トルコのEU加盟に反対する動きがある。

EU側の注文に対し、トルコ国内では反対世論も湧き上がった。EUの示す条件は、押しつけがましいものと受け取られ、それに従おうとするエルドアン首相の姿勢を屈辱的だとみなす意見も出はじめた。

最近では、就任したばかりのサルコジ仏大統領が「トルコがEU内に占める場所はない」と交渉再開を阻止したが、これは大きな打撃となった。

しかし本当のところ、キリスト教国の集まりであるEUに、イスラム教国のトルコを入れたくないという感情が、西欧諸国のなかに皆無とは言い切れない。

9.11以来、トルコの人々は「自分たちはイスラム教徒なのだ」という、アイデンティティを覚醒させられている。こうしたなか、EUからすんなりと受け入れられず、よけいに苛立っているのだ。

クルド人独立問題、クルド人をめぐるイランの接近、世俗主義派を支持する軍部の政治介入など、エルドアン政権に難題は山積している。ボスポラス海峡をはさんで中東とヨーロッパに分かれるトルコという国の地理的特殊性は、古来、東西が融合した独特の魅力を醸成してきた。しかし二つの全く異なる文化圏の狭間に揺れる国民の心情を、日本人が想像するのは難しい。

オスマン帝国時代から親日的だったトルコ国民。その知識人の間には、アタテュルク以来の西欧化は失敗であり、自国の伝統と文化を重んじながら近代化に成功した日本はその対極にある理想的な姿だ、という意見がある。

僕たちはそういう考えに対してどう答えればよいのだろう。

« 美しい日本語で語れよ、安倍さん | トップページ | 朝青龍と相撲道 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トルコがEUに加盟できるのならば、日本がEUに加盟したって悪くないですね。日本の価値観やライフスタイルは基本的にトルコ以上に欧州と一致しています。トルコがアジアの西端なのに対して、日本はアジアの東端です。しかもトルコ人はイスラム教徒でキリスト教徒に改宗するのは不可能でしょうが、我々日本人はその気になればいつでもキリスト教徒になれます。なにしろ毎年クリスマスを祝い、教会で結婚しますし。日本人は仏教・神道・キリスト教やイスラム教など世界中の宗教を受容できる世界に冠たる寛容性をもっているのです。日本も脱亜入欧を国是に掲げて以来150年になります。日本人がキリスト教徒にならなくても、悠仁さまが成人されたらキリスト教徒の日本女性か、欧州貴族の白人女性と結婚されても良い時期にきていると思います。神道のお祭りは他の皇族方にやってもらえばよいことですし、そもそも天皇家は聖徳太子の時代から明治の廃仏毀釈まで仏教徒でした。皇室は時代の要請に応じて宗旨を変えているのです。皇室がキリスト教を受容すればEUに大いに好感を与えられるはずです。日本もアジアに留まるのか欧州に成り切るのかはっきりした方がよいのではないでしょうか?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しい日本語で語れよ、安倍さん | トップページ | 朝青龍と相撲道 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ