« ミャンマーに光を | トップページ | 福田首相、天下り官僚にやさしい金融総裁人事 »

2007年9月28日 (金)

高村外相すぐにミャンマーへ飛べ

軍事政権の非情さには激しい怒りをおぼえる。僧院を襲い、仏像の首をはね、就寝中だった僧侶に殴る蹴るの乱暴をして連行する。あまりの暴挙に、日本でもミャンマー大使館の前で涙ながらに抗議する人々の姿が見られた。

ミャンマーの民衆を救う手立てを世界は真剣に考えなければならない。

今年五月、当時の外務大臣、麻生太郎氏はドイツで、ミャンマーのニャン・ウィン外相と会談した。

日本政府はミャンマーに毎年、ODAにより、森林造成を行うための資金提供や人材育成支援のための無償資金協力を続けている。

麻生大臣は「国際社会から孤立しないようアウン・サン・スー・チー女史の自宅軟禁問題に何らかの対応をする必要がある」と指摘、女史の解放を迫った。

ニャン・ウイン外相は「女史の解放のため準備を進めてきたが、背後にいる者が大きな騒動を起こすとの情報があった。国家の安定のため軟禁を延長せざるを得なかった。国家の安定なくして民主化はできない。もしEUや米の制裁が解除されていれば、国内が若干混乱しても解放という選択肢もあり得た」と弁明した。

つまり、軍事政権は「EUや米の制裁が解除されないかぎり、スー・チー女史の解放もない」と開き直っているのだ。

この国は、ビルマと言うほうがピッタリくる。1989年、現在の軍事政権により改称され、ミャンマーになった。この政権を認めていないアメリカ政府はいまでもビルマと呼んでいるようだ。

団塊世代のぼくたちは「ビルマの竪琴」という映画を学校から見に行った。ビルマの仏教僧になった主人公の元日本兵が、森の中で「埴生の宿」を合唱する小隊に気づき、それに合わせて夢中で竪琴を弾く・・・。仏教と微笑みの国、ビルマのやさしさは、今も、アジア各地を廻る日本人パッカーを魅了してやまない。

民主化を真剣に進めようとせず、そのために欧米から経済制裁を受けている軍事政権が、民衆を猛烈なインフレと低収入で苦しめているにもかかわらず、なぜ生きながらえているのか。

答えは中国とインドの経済援助にある。

中国はミャンマーの天然ガスや鉱物資源の開発に投資し、道路や発電所などインフラを中心とした経済援助を行っている。ミャンマー側も「中国は真の友人」と中国を頼っている。中国の影響力拡大に恐れをなした西の隣国、インドも負けじとミャンマーへの経済援助を拡大中だ。
 
米国は「ミャンマー軍政の考え方を変えさせるため、中国が影響力を行使することを望む」というが、中国は内政不干渉の原則をタテに動こうとしない。

自ら人権弾圧をしている中国に、いくら頼んでも無駄だろう。

国の予算は少ないにもかかわらず、ミャンマーは中国、ロシア、北朝鮮から武器を購入し、兵士の数は増加する一方。日本を含む外国の援助は軍を拡大するために使われている。軍政が権力の座に居すわり続けるほど国民は苦しむのだ。

結論から言う。いまこそ、日本が国際貢献をする場面である。日本の外務大臣はミャンマーに飛ぶべきである。そして、即座に僧侶や人民への弾圧行為をやめるよう強く要請してほしい。

応じないようであれば、軍事政権を利するだけのODAなどやめてしまったほうがいい。

« ミャンマーに光を | トップページ | 福田首相、天下り官僚にやさしい金融総裁人事 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8144867

この記事へのトラックバック一覧です: 高村外相すぐにミャンマーへ飛べ:

» ミャンマー反政府デモに武力弾圧を行う軍政について [ブログ一撃チェキ!]
デモに私服兵士潜入、主導者みつけ拘束…ミャンマー軍政反政府デモに対する軍事政権の武力弾圧が続くミャンマーで、軍政が、私服の兵士や警察官らをデモに潜り込ませ、主導者の僧侶や市民を特定した上で拘束していることが28日、わかった。(読売新聞)軍政に対して反政府デモが続いているミャンマーですが、軍政で怖いのが実際こういうことだと思う。思想に対する武力弾圧。ミャンマーの反政府デモから想像できることは、軍政下...... [続きを読む]

» 沈没船の日本兵遺骨が観光客の見世物に [山野内さんの超個人的ブログ]
人間としての良識が完全に欠けています。、チップを目的に案内をしているガイドや、パンフレットに遺骨の写真を載せる旅行会社も問題ですが、興味本位で見に行くダイバー達にもっとも憤りを感じます。 ミクロネシアに粘り強く働きかけて、全遺骨を引き揚げるべきですよ。 [続きを読む]

« ミャンマーに光を | トップページ | 福田首相、天下り官僚にやさしい金融総裁人事 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ