« 舛添厚労相は安倍政権を救えるか | トップページ | 米韓、北との和平模索に日本孤立 »

2007年9月11日 (火)

「職を賭す」安倍首相 お茶の間の声を聞け  

「迷いの中の是非は是非ともに非なり」。やはり、いちばん分かってないのは渦中にいる人らしい。

シドニーのAPECでブッシュ大統領ら各国首脳と会った安倍首相は日本の国際貢献をおだてられ、テンションが異常に高まっていたのだろう。

「インド洋での給油活動継続のため、職を賭して取り組む」「継続できなければ(首相の立場に)しがみつくことはない」

民主党小沢代表が反対しているテロ特措法延長問題についての決意表明。なぜ、無謀とも思える発言に至ったのだろうか。

小泉さんの「郵政」を「テロ特措法」に置き換えて「延長か否か」の選択を国民に迫る作戦なのか。それとも精神的に追い込まれ、疲れ果てて、総理の座を投げ打つ心境になったのか。

いずれにせよ、真実が見えていない。政界も外交の世界も限りなく広く深いが、一人の人間の視野は悲しいほど狭い。人に会えば会うほど、様々な考えや情報が入ってきて、何がほんとうかわからなくなり、頭のなかは混沌とする。

そんなとき、現場から遠く離れた世界から眺めている参謀でもいて、客観的に状況判断していけばよいのだが、つい人間というものは最も頼りになる者を近くに置いておきたくなるものだ。

いまの八方ふさがりにみえる状況を打開するため、テロ特措法延長を争点にし、自らの退路を断って、国民にアピールしたいという考えはわかる。しかし、テロ特措法は郵政と違って、一般国民に身近な問題ではない。冷静に考えれば、あえてそんなテーマを持ち出さなくてもよかった。

すでに、安倍政権をとりまく状況は変わりつつあるのだ。それはお茶の間レベルで静かに進行している。ウソと思うなら、一戸一戸、民家を回り主婦の方々に聞いてみたらいい。

社保庁がらみの組織犯罪に立ち向かう舛添厚労相の“応援団”がどれだけ盛り上がっているかがよくわかるはずだ。

生活に関わる身近な大問題、社会保険庁をどうするかが国民の最大の関心事なのである。

社保庁問題で参院選に敗北した自民党が、逆に同じ問題で国民の支持を集めることができる状況になっている。自民党をぶっ壊すといって自民党に支持を集めた小泉氏の巧みなパラドックスを思い出させる。

小泉政権時代から国民の間に所得面など様々な格差が広がり、実際には国民の不満はふくらんでいたが、小泉氏独特のキャラクターに覆い隠され、安倍政権にいたってプスプスと噴出し始めた。

「いじめられっ子キャラ」の赤城元農相らに矛先が向けられたあと、先の参院選で不満エネルギーが大爆発し自民党惨敗、このガス抜き効果もあって内閣改造後はいったん支持率が上昇に転じたが、その後の農水相問題などでまたまた下落。絶望的な心理状況の中、シドニーに飛び立った安倍首相に、こんどは「国際貢献」のプレッシャーが待ち受けていたわけだ。

ところが昨日の当ブログで書いたように、舛添要一厚労相の「正義の味方キャラ」が社保庁への徹底攻撃宣言で潮目を変えつつある。安倍首相はこの流れに乗り、徹頭徹尾、舛添氏を支援し、妨害勢力を排除してやればよい。そうして、安倍―舛添ラインがイメージとして定着し、社保庁や地方自治体の盗っ人たちが警察のお縄にかかれば、支持率は上昇の一途をたどるはずだった。

そうなると圧倒的優勢だった小沢民主党は、テロ特措法で安倍首相を追い込むほど、悪人扱いされるようになる可能性が出てくる。解散総選挙に持ち込むため党利党略でテロ特措法延長に反対し、大切な日米同盟や国際貢献を無視する小沢、というイメージが急速に強まるだろう。

なぜその自然の流れに乗れなかったのか。もう取り返しがつかないかもしれない。きっぱりとかっこよく「職を賭して」と宣言したつもりだろうが、これでは「辞める」といっているようなものだ。これから仕事に邁進しようとしている閣僚のショックは大きいだろう。

民主党はあくまでテロ特措法を延長させないような戦略をとりさえすれば、安倍内閣を総辞職させることができることになった。総辞職して、麻生政権が誕生したら、さてどうなることか。麻生氏は失礼ながら、昔の自民に戻りそうな雰囲気をぷんぷん漂わせているから、選挙に勝てるかどうか大いに疑問だ。

そこで、自民党が浮上するためのイチかバチかの大勝負ということになると、安倍総裁で解散総選挙というのも一つの手かもしれない。

すでに「たたかれすぎて安倍さんも気の毒」と言う声が巷にあふれている。「舛添さんに社保庁改革をもっとやらせたい」とか、「労働組合を支持基盤にしている民主党では公務員改革はできない」という意見も出てくるだろう。参院選に大勝利したがゆえに民主への逆風も吹きやすいのである。

参院選から間がなくても衆院選では正反対の結果が出ることは十分に考えられる。人間の気持ちは移ろいやすいものだ。

« 舛添厚労相は安倍政権を救えるか | トップページ | 米韓、北との和平模索に日本孤立 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/7894355

この記事へのトラックバック一覧です: 「職を賭す」安倍首相 お茶の間の声を聞け  :

» ありえねぇ~ [徒然なるままに…]
安倍ちゃんが辞任することになったらしい。先日所信表明演説をしたばかりで、代表質問の初日にバックレる(辞める)なんて最悪だな。敵前逃亡というか、無責任極まりないというか・・・。もうどーしようもねぇな。しかし、なぜ今なんだろう・・・。辞めるなら、参院選に惨敗した時に辞めればよかったのに。これじゃぁ~政治的空白どころの騒ぎじゃねぇな。思えば、総理就任前の北朝鮮に対する毅然とした態度が評価されて総理になったのに、総理就任後は次々と起こる閣僚の不祥事に一つも毅然とした態度を取ることがで...... [続きを読む]

« 舛添厚労相は安倍政権を救えるか | トップページ | 米韓、北との和平模索に日本孤立 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ