« 自民新三役決定、小泉・飯島は今何を考える | トップページ | 福田新総理、会見に周到な準備 »

2007年9月25日 (火)

選対委員長、古賀氏の夢とは

党三役かと思ったら、党四役なのだという。とすれば、昨日の当ブログのニュアンスを少し修正させてもらわねばならない。

幹事長かと噂された古賀誠氏が三役から外れた、という書き方だったが、党四役に入ったとしなければならない。古賀氏は選挙対策総局長ではなく、選挙対策委員長なのだそうである。仕事は同じだが、三役と同格に格上げするため名称を変更したらしい。まあ、なんと「和をもって尊し」の自民党的なことか。

福田新総裁は「自民党の方をすべて熟知しているわけではないので、いろんな話を総合し私の判断で決めた」と、最近の総裁にしてはどこか低姿勢。人事となると血湧き肉踊るあのお方、そう、外遊先の予定も早々に切り上げて帰ってくる森喜朗元首相あたり、ずいぶん張り切られたような四役の顔ぶれである。

さて、急きょ格上げされた選挙対策委員長。これは、候補者調整が主な仕事だ。つまりこの人の考え次第で党公認候補が決まるという、なんとも強大な権限を持ったポストなのである。総選挙が近いという大方の予測もあって、古賀氏は総務局長よりも実質的に影響力の強いほうを望んだという見方が強いようだ。

古賀氏のような苦みばしった人物は、男気があって、清水次郎長や国定忠治を持ち出すまでもなく、日本ではわりあいモテるタイプだ。知よりも情、というところが魅力なのだろう。

彼のホームページのわかりやすさ、シンプルさは異常なほどだ。
「夢」「誠」「愛」をクリック、とあるのでのぞいてみよう。

まず“夢”。「故郷で手掛けているいくつかのプロジェクトを進めたい。故郷がよその地域と競合できるように、最後の局面を迎えているインフラ整備をきっちりと仕上げたい」とあり、具体的にR443バイパス、有明海沿岸道路、橋梁整備、九州新幹線の事業を写真つきで取り上げている。

次に“誠”。「一つ一つの課題に誠実に取り組み努力をすれば、必ず願いは叶う」

そして“愛”。「出征していた父が昭和17年、古賀誠2歳の時、フィリピンのレイテ島で戦死して暗転する。母は、乾物類を自転車に積んで行商、帰ってからは編み傘作りの夜なべ仕事に精を出す毎日。母がある日、書類を前に考え込んでいる。「何をそんなに考え込んでいるの?」「お父さんが死んだので、国が助けてくれるの。」それは、遺族年金の増額申請書類だった。時に誠少年は小学5年生、大きくなったら、弱い人を助ける国の仕事をやろうと心に誓ったという」。

これだけはっきり地元優先を掲げ、外交にも、国家的視点の政策にも一切ふれず、自らのつらかったこども時代、母子の愛を語られると、故郷の人たちは感動のあまり票を投じないわけにはいかないだろう。

まさに野中氏から受け継いだ利益誘導型、旧世代自民党の真骨頂、ここにあり。世界よりも日本よりも地元、地元。まことに恐れ入る考え方である。

小泉改革でどっと政界になだれ込んできた「小泉チルドレン」のかたがた、どうやら親分が代わったようであります。この義理人情の渡世についていかねば「公認」のお墨付きがもらえなかったら、どうします?

« 自民新三役決定、小泉・飯島は今何を考える | トップページ | 福田新総理、会見に周到な準備 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8099901

この記事へのトラックバック一覧です: 選対委員長、古賀氏の夢とは:

» 選挙対策委員長 幹事長 [気になるメモ]
今日は「選挙対策委員長 幹事長」が気になりました。 [続きを読む]

« 自民新三役決定、小泉・飯島は今何を考える | トップページ | 福田新総理、会見に周到な準備 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ