« テロ特、ジタバタしすぎ政府・自民党 | トップページ | 選対委員長、古賀氏の夢とは »

2007年9月24日 (月)

自民新三役決定、小泉・飯島は今何を考える

その後、飯島秘書はどうしているのだろう。一時は熱くなって、小泉元総理に辞表を出したが、そろそろ落ち着いているころだ。

予想通り福田氏に決まった自民党総裁選びの背後で、その次を考えた策がじっくりと練られているような気がする。

小池百合子氏による飯島評がある。

「ご迷惑をおかけします」。それが電話での決まり文句だ。巨体を半分に折り曲げながら電話している姿が飯島氏の実像である。クールビズを導入するとき、飯島氏の理解度がものをいった。総理に上げる話ではないと彼が判断すれば、そこで門前払いだ。小泉総理の大胆な決断や行動のウラでは、数え切れない飯島氏の繊細な配慮が働いていた。(要約)

小泉事務所は小泉氏の長姉、信子氏が仕切っているといわれる。飯島氏としては非常にやりにくい。だから、チルドレンの小泉再登板要請にこたえられなかったことを口実に辞表を出し事務所への出入りをやめた。しかし、小泉氏とは今後もおそらく一緒にやっていくのではないか。

今回の総裁選。麻生氏は予想をはるかにこえる票を集め、一定の勢力を誇示して次のチャンスを待つカタチが整った。しかし、一方で党内に麻生嫌いがいかに多いかを実感させた総裁選でもあった。「福田の次は麻生」というのはいささか甘いかも知れない。

さて、この原稿を書いている最中、テレビの速報が入った。どうやら幹事長は巷間噂されていた古賀誠氏ではないようだ。伊吹文明氏だという。当初、古賀氏に総務会長就任を要請したが、古賀氏は違う役職を希望した。そして選挙対策総局長ということになった。

古賀氏は何かと問題を指摘される「人権擁護法案」の旗振り役だ。それに、土木や建設業界に関連する地元への利益誘導型政治のイメージが強い。もし、彼が幹事長にでもなれば、せっかく小泉改革で引っ込んだ魑魅魍魎が闇から続々現れてくるのではないかと国民は心配するだろう。

福田さんとしては、今回の総裁選でいち早く支持を表明してくれた古賀氏に幹事長ポストを与えるかどうか、大いに悩んだに違いない。しかし古賀氏のほうから、ここは党三役から外れるほうが党にとって賢明と判断し、選対局長就任を申し出たようだ。

さて話を戻そう。今後の政局は、遠くない時期に解散・総選挙になるところまでは予想できる。問題は、それからだ。

たしか小泉氏は、参院選に自民党が大敗すれば、民主・小沢氏が自民党内に手を突っ込んでくるという発言をしたことがあったと記憶している。政界再編を予測しての発言だ。

誰が考えても、自民、民主ともに現状は烏合の集団である。数をそろえるため、選挙に勝つ目的のため、くっついているだけである。国家のビジョンはどこかに置き忘れているように国民からは見える。

あるべき二大政党の姿とはかけ離れている。いずれ、両党とも議員が離合集散して、最も自然なところに落ち着けば党内矛盾は多少なりとも解消するはずだ。その機縁となるのが解散・総選挙であろう。

政界再編は避けて通れない。そこに小泉氏がどうからんでいくのか。政局の天才が小泉新党をつくり、保守系の改革推進派を結集するのでは、という期待論も浮上している。ただし、小泉劇場の幕が再び上がることが日本にとって、国民にとって、いいことであるかどうかは別の問題である。

いずれにせよ、国民としては、私欲政治屋の跋扈しない、政策を中心とした本格的な二大政党時代がやってくることを切に願う。

« テロ特、ジタバタしすぎ政府・自民党 | トップページ | 選対委員長、古賀氏の夢とは »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主主義の最大の弱点はその成熟とともにある日突然群衆の熱狂と怒号の中から凡そ最低の人物が最高の権力を握ることになることだと言ったのは確か哲学者アランだったと思いますが、
これは言うまでもなく当時(第一世界大戦前後)のヨーロッパに興隆しつつあった共産主義に対抗する勢力としての国家社会主義の流れに乗って圧倒的な国民投票での勝利を経て政権についた独裁者ヒットラーを想定したものです。

この伝で、あれから遙か時代は下ったこの極東の爛熟した自由と平和ボケのわが国で言えば、ワグナーのオペラが大好きな小泉さんも小ヒットラーですし美しい国とか教育再生などと言う安倍さんももっと小ぶりながら同類のプチ国家社会主義者です。

それこそこれだけ豊かな民主国家、国をあげて野に潜む遺賢を求めれば優れた人はいっぱい居るはずですが、情報化社会とやらの現実は口々にミーミー!としゃしゃり出てくる出たがり連中ばかりで、今や国権の最高機関である国会は選良どころか魑魅魍魎の永田山動物園になってしまいました。

続きは安倍さんの最終スピーチを聞いてからにします。悪しからず。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8085773

この記事へのトラックバック一覧です: 自民新三役決定、小泉・飯島は今何を考える:

« テロ特、ジタバタしすぎ政府・自民党 | トップページ | 選対委員長、古賀氏の夢とは »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ