« “政界の鬼検事”馬淵議員、福田首相を追い詰める | トップページ | 黒川紀章、死を覚悟の選挙戦だった »

2007年10月12日 (金)

小沢・民主、亀井静香らと連携、その狙いは

「剛腕」小沢に期待し、「独断専行」「秘密主義」の小沢に裏切られ続けてきたから、彼のことを書くのはあまり気が進まない。

かつての政敵、野中広務はこう彼を評した。

「原理原則に忠実で、理念の高い、政治家として立派な哲学を持っているが、どうして仲間たちが次々離れていくのだろうね」

民主党代表として「これが最後の戦い」といい続け、参院選に大勝した。その余勢をかって衆院選での政権奪取を狙っている。しかし、つねに危うさもつきまとうのが小沢一郎という人物だ。

今もテロ特措法あるいはその新法に真っ向から反対し、国連の平和活動であるアフガンの国際治安支援部隊ISAFなら参加するという、危険なカードを切ろうとしている。

小沢はできる男であることは間違いないが、本質はナイーブなのではないかと思う。目立ちたがり屋ではなく、どちらかというと無口なほうだろう。

つまり、亀井静香とは正反対の人物である。その彼が、亀井、綿貫民輔という女性受けのしない“悪党キャラ”の国民政党と手を組んで、参院に統一会派を結成することになった。これも、危険な賭けである。

郵政民営化見直法案を参院へ共同提出するというのは、かつての自民党抵抗勢力と組んで郵政民営化を後退させる印象になる。

もっとも、株式会社としてスタートしたばかりの郵政各社の評判はいまのところお世辞にもよくない。地方のサービス低下という民営化反対勢力の主張が現実として見えてきている。ゆうちょ銀行やかんぽ生命は民業圧迫との批判も根強い。

亀井らとの連携に反対する声も党内にはあったと思う。にもかかわらず、国民新党が固執する民営化凍結案を受け入れた背景には、国民がやや郵政民営化に疑問を感じはじめたということもあっただろう。それに加えて、亀井との人間関係も考慮に入れておかなければならない。

小渕内閣時代、参院選後に今と同じねじれ国会となり、その解消のため自民党と当時の自由党が連立していた時期があった。いわゆる「自自連立」だ。そこに公明が加わり「自自公連立」になって状況が一変した。

自民、公明両党で参院の過半数をおさえることになった政権内部で自由党の存在感は低下していった。このころ、「自自合流」の動きがみられ、それに積極的だったのは亀井であった。それ以前にも小沢と亀井は「保保連合」路線を模索したことのある間柄だった。

しかし、自民党内の「自自合流」を望まない勢力の画策で、自由党の連立離脱、党内分裂に追い込まれた。

その後、小沢は「野中にやられた。一度はこちらにひれ伏したのに、要らなくなったら出て行けということだ」と、当時の民主党代表、鳩山由紀夫に語っている。

その野中広務は、のちに文芸春秋のインタビューにこう語っている。
「小沢さんが己を捨てる形の選択をしてくれたら、自自合流になるなあと思っていた」

1993年に自民党を離党した小沢は非自民の細川、羽田両連立政権をつくり、自社55年体制を崩壊させた。政界再編の立役者だった。ところが、その後は打つ手がすべて裏目に出た。94年12月に新進党を結成したものの、党内の主導権争いがきっかけとなり盟友が次々に離党、97年12月に解党した。二大政党制への流れが途絶えた。

それから10年、民主党の代表となった小沢にようやくめぐってきた二大政党制確立のチャンス。今回の、国民新党との連携は単に、味方の数を増やすということだけではないだろう。ならばいったい何を意味するのだろうか。

最近、元首相、小泉純一郎はある会合で「人生には上り坂もあれば下り坂もあります。もう一つ坂があります。『まさか!』という坂であります」と意味深長な言葉を吐いた。

彼は、参院選で民主党が勝利すれば「小沢が自民党内に手を突っ込んでくる」とかねて語っていた。必ず政界再編が起こるとみているのだ。

麻生太郎も、「民主党は社会民主主義的な傾向を強めているため、民主党内の保守勢力に不満がある。総選挙が終わったぐらいに、政界再編というマグマが動き始める」とテレビ番組の中で指摘した。

小沢自身もテロ特措法やISAF参加をめぐって党内に反対意見があることに関し、「党の方針がいやなら離党するしかない」と、強気の姿勢を示している。

さらに、参院選後、公明党が自民党と一定の距離を置こうとしているのも明らかに見て取れる。

つまり、政界は来るべき総選挙前後の政界再編を強く意識して動いているのだ。

「陰の剛腕」小沢と、「陽の怪腕」亀井。政治理念が一致しているかどうかはともかく、この二人の腕力は政界再編の局面になったとき、自民党にとって脅威であるに違いない。

ただし、福田自民は決して侮れない。福田首相のソフトでわかりやすい話しぶりは、お茶の間に安心感を与えている。一方、ともすれば仏頂面、ぶっきらぼうになりやすい小沢のテレビ映りは対照的にマイナスイメージを与えやすい。

そのうえ、ISAFが「自衛隊員を危険にさらす行動」と国民に受け取られたら、いったん民主党に向かい始めた流れが反転し、自民に逆流しはじめるかもしれないのだ。

小沢は決して器用な政治家ではない。詰めが甘く、いざというときに人を結集できるか、というとそうでもない。人は腕力でついてこさせるものではない。まさに「いざとなれば己を捨てる」人徳に惹かれ、ついていくものだ。

一時は心酔したはずの彼から離れていった小池百合子や扇千景の「小沢一郎評」をぜひ聞いてみたい。

                      (文中敬称略)

« “政界の鬼検事”馬淵議員、福田首相を追い詰める | トップページ | 黒川紀章、死を覚悟の選挙戦だった »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

所詮は秘書課長の器でしかなかった安倍さんが政権を投げ出してからはや1ケ月が経ちました。しかし福田さんも又いかにも総務部長あたりの器でいかに低姿勢でも名宰相池田勇人に及ばぬのはもとより、小沢さんや亀井さんに対抗できると思われません。

本当は福田さんは総裁に選ばれた直後に安倍さんを党則違反で除名すればよかったのです。これほど自民党の信用を毀損した党員はいないでしょうし、これに対して安倍さんも抗弁しないでしょう。

ついでに自民党崩壊の伏線を敷いた小泉さんにも離党を勧告すべきでした。さらに言えば小泉政権打倒を言わない代わりに息子たちを政権に送り込む政治的取引をそたと思われる石原慎太郎一座とも
一線を画すべきでした。石原さんの五輪招致など時代錯誤もいいところで、今さら国威発揚のナチスじゃあるまいし、五輪やEXPOは発展途上国の中国や北朝鮮にやってもらえばいいのです。日本がやるべきは道州制の促進、ロシアとの日本海貿易、国連アジア本部の設立と誘致、等々でしょう。

しかしまあどう転んでも福田さんでは劇的な政策転換はできそうもありませんから、来年の今頃はクレイジーパパのお嫌いな小沢民主党政権かクレイジーパパがもっとお嫌いな亀井大連立政権が生まれてるんではないでしょうか。池田大作さんが病気にでもなって公明党が失速をはじめ逆に宮本顕二さんの呪縛から逃れた共産党が党名を変えて緑の風とかなんとか名乗ってくれば政界は様変わりします。

続に一寸先は闇と言いますが、本当はデフレ不況の続く今の日本が闇なので一寸先は光なのです。しかも又ぞろ芸達者な小泉さんに代わって枡添さんあたりが社会保険庁や田舎の役所を挑発して仮想的を作り出してはミーハー大衆を煽り立てるという愚民政治に明け暮れている今こそ闇としか思われませんね。ほら早速やってますよ。

PS
人名に誤字がありました。お詫びして訂正します。        
 誤:宮本顕二 正:宮本顕治

PPS
普通名詞にも転換ミスがありましたの訂正します。

最後の節

誤:続に→正:俗に
誤:仮想的→正:仮想敵

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8363183

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢・民主、亀井静香らと連携、その狙いは:

» 小沢一郎辞めるってさ [酒田市]
密室で福田と何話したのかこのまま辞任したら政権交代なんか出来ないとみんな思うんじゃないか?俺は解散総選挙して政界再編起こすのが目的で民主の候補に入れたのに(もちろん比例は国民新党)href=... [続きを読む]

« “政界の鬼検事”馬淵議員、福田首相を追い詰める | トップページ | 黒川紀章、死を覚悟の選挙戦だった »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ