« 読売・渡辺会長の画策に乗ったら民主は崩壊する | トップページ | 辞意撤回か、福田発言“捏造”の小沢代表 »

2007年11月 5日 (月)

小沢代表「連立破談」に憤怒の辞意表明

小沢さんらしい。つくづくそう思う。自分の意のままにならなければ、怒りをそのまま行動にあらわす。

福田首相との二度目の党首会談のあと、民主党役員会に「連立」をはかったものの、ほぼ全員に否定された。「わかりました。すぐに断ります」。憤然として、席を立った。

あっという間の「破談」に、町村官房長官は「それにしても早いね」と驚きを隠さなかった。

辞意表明会見の内容から、党首会談と役員会を再現してみたい。

福田首相は一度目の会談で、「連立」が可能と判断し、考えを練ったうえで二度目の会談にのぞんだ。首相からの提案は、自衛隊海外派遣に関する小沢代表の主張を丸のみする内容だった。

「自衛隊海外派遣は国連によって設立、あるいは認められた活動に参加することに限る。新テロ特措法案はできれば通してほしいが、あえて成立にこだわらない」

これまでの自民党の政策を転換する決断に小沢氏は「これだけでも連立協議に入れる」と考えた。

このところ小沢氏の心に不安が広がっていた。衆参ねじれを利用して福田政権を追い詰め、解散・総選挙に持ち込んでも、ほんとうに民主党が勝てるのかという疑問だ。

選挙のこわさを知り尽くしている小沢氏は「自民党はだめだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか、という疑問が提起され続けている。次期総選挙の勝利はたいへん厳しい」と会見で語った。

小沢代表は福田首相の「連立提案」を民主党役員会にはかった。「すぐに政策協議をはじめるべきではないか」という小沢代表の問いかけに、役員の多くが厳しく反論した。

それは民主党議員としては当然の意見だった。参院で民主党が主導権を握ったことにより、お互いにチェック機能を果たす二大政党制はほぼ実現している。ここで連立を組むことは明らかに逆行であり、公約違反である。

小沢代表はこの場で自説を強く展開することをしなかった。あっさりと役員会の意見を受け入れ、福田首相に電話で断りを入れた。

もともと民主党は鳩山氏と菅氏がつくったものであり、小沢氏にはどこかまだ外様の遠慮があるのかもしれない。「オレの言うとおりにしろ」とまではいえない代わり、内心に沸々と怒りが湧き上がったに違いない。

その思いを4日の辞意表明記者会見でぶつけた。

「これは私が選任した役員から不信任を受けたに等しい。党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した」

そして怒りの矛先はマスコミにも向けられた。

「今回の連立構想について、小沢首謀説なるものが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根。私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な中傷であり、強い憤りを感じる」

小沢代表の辞職願に対し、鳩山由紀夫幹事長は「受理できない。絶対に慰留したい」と言っているが、「連立反対」を唱える党の大多数と、「連立こそ民主党政権への近道」とする小沢氏の考えの乖離が明白になった以上、元へ戻すのは難しいだろう。

小沢氏の行動は、よくいえば「自説を曲げない信念の人」、悪く言えば「わがままで自己中心的」ということになろう。

しかし、いくら福田首相が小沢氏の主張を丸のみし、小沢氏がそれに感銘を受けたとはいえ、「政権への参加は、二大政党制に矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることによって、その定着を実現できる」という会見での発言にはいささか論理的にムリがあるのではないか。

所詮、人間は理念より感情で動くものだ。つまるところ、福田首相や、首相をとりまく政財界の大立者たちの「連立」への期待に応えたかったが、できなかった。その無念さが、これまでになく飛躍した論理をつくりだした。

冷静に考えるならば、今の政治状況は、ようやく野党に武器が与えられ、与党と対等に近い戦いができるようになった段階である。与党に明らかに焦りが見え、ゆっくり構えたほうが、野党に有利に働いていくはずだった。

なぜか、小沢代表一人が「連立構想」の渦中に引き入れられ、「連立」の呪縛にとらえられた。

そして、そのあげく党の幹部たちの反抗にあった。「オレがあれだけ体にムチ打って参院選をがんばったから、今があるんじゃないか」。そんな思いが湧き上がっただろう。

参院選勝利の立役者であり、民主党代表でありながら、党員たちの強い信頼を集め得ていない現実への憤怒。それが唐突な辞意表明に駆り立てたといえないだろうか。

« 読売・渡辺会長の画策に乗ったら民主は崩壊する | トップページ | 辞意撤回か、福田発言“捏造”の小沢代表 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8765683

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表「連立破談」に憤怒の辞意表明:

« 読売・渡辺会長の画策に乗ったら民主は崩壊する | トップページ | 辞意撤回か、福田発言“捏造”の小沢代表 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ