« 鳩山法相アルカイダ発言と無防備ニッポン | トップページ | 連立拒否も、小沢・福田大接近で政界再編の芽 »

2007年11月 2日 (金)

保険料流用禁止参院可決、衆院で与党に踏み絵

投票ボタンが押され、すぐに「総数227 賛成132 反対95」と電光掲示板に結果が示された。

初めての体験に、白いスーツ姿の民主党、蓮舫議員は喜びを全身であらわした。2日午前、参院本会議で、民主党提出の法案が初めて可決された瞬間だ。

いわゆる「年金保険料流用禁止法案」。被保険者から徴収した年金保険料を給付以外には一切使わない、とする内容である。

年金保険料はこれまでグリーンピアなど給付以外に総額6兆8,000億円が流用され、国民から強い批判の声が噴出していた。

民主党のネクスト年金担当副大臣、蓮舫氏は前日の参院厚生労働委員会でこの法案が可決されたあと、仲間の議員たちと喜びの握手を交わし、さっそく党のネクスト年金担当大臣、長妻昭議員に電話で報告した。

「おめでとう!良かったね。衆議院で待ってるよぉ」と元気のいい声が返ってきた(蓮舫氏のHPより)
 
参院選の勝利で112議席の参院最大会派となった「民主党・新緑風会」は被災者生活再建支援法、障害者自立支援法の一部改正案や 特定肝炎対策緊急措置法案、農業者戸別所得補償法案 など8議案を議員立法により提出している。

これまでは確実に廃案になっていた野党の議員立法が参院においては通過する可能性が大きくなった。

「年金保険料流用禁止法案」可決はその最初のケースであり、民主党にとっては、政権をたぐりよせる勢いをつける意味で記念すべき日になったことだろう。

もちろん、衆議院では与党が多数を占めるため、法案の成立はまずありえない。

民主党は、国民受けのする独自法案をどんどん参院に提出して与党をゆさぶり、衆院で否決させることで与党側のイメージダウンをはかりたい考えと思われる。いわば与党に「踏み絵」を迫るとでもいえようか。

これに対して衆院で待ち受ける与党は「質問の嵐」作戦や対案提出により対抗するかまえである。

そもそも与党側はすでに年金流用問題に関し、先の通常国会で「社会保険庁改革関連法」を成立させている。保険料を福祉施設の建設費には使えなくし、事務費や広報費用への流用はOKとした。

民主党案は給付以外いっさいダメ。もちろん事務費や広報費への使用は認めない。つまり経費は一般財源から支出せよということだ。

これに対し与党は「経費を保険料から税金に付け替えるだけの年金事務費財源付け替え法案だ」と批判してきた。

しかし、ここへきて危機感をおぼえた与党側はさらに対案を出すことに決めた。保険料の施設建設への使用のみ禁止し、経費は使途を国会に報告させる「社会保険庁改革関連法」改正案を、6日に議員立法で提出する方針だ。

民主党は「流用禁止法案は民主党マニフェストの一丁目一番地だ」と、衆院での攻防に闘志を燃やす。

“ねじれ国会”の法案第1弾をめぐる衆院論戦、野党の攻勢をいかに受けてたつのか、政府・与党の対応がみものである。

« 鳩山法相アルカイダ発言と無防備ニッポン | トップページ | 連立拒否も、小沢・福田大接近で政界再編の芽 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/8725236

この記事へのトラックバック一覧です: 保険料流用禁止参院可決、衆院で与党に踏み絵:

» 保険料 [自動車保険.com 選びの安心]
自動車保険の内容で一般に求められているものは、安心、親切、安さの順番だそうです。保険の性質から行けば当たり前の結果ではありますが、日本人の特徴が出ている結果ともいえます。「安心、親切、安さ」の三種の神器を兼ね備えることは保険に限らずう日本の歴史において、永..... [続きを読む]

« 鳩山法相アルカイダ発言と無防備ニッポン | トップページ | 連立拒否も、小沢・福田大接近で政界再編の芽 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ