« 米国とムシャラフの犠牲ではないのか?ブットと民衆 | トップページ | CO2削減元年、困難な目標に挑む日本 »

2007年12月30日 (日)

ベー・チェチョル、「偽」の年の終わりに、純粋な魂の物語

テノール歌手、秋川雅史が歌う「千の風になって」がことし、大ヒットした。日本の大衆音楽の世界も、様変わりし、少しずつ「本物志向」になっている、との指摘がある。

演歌や歌謡曲の隆盛は昭和とともに去り、代わって台頭してきたジャパニーズポップスは、ほとんど欧米の模倣といっていいもので、あの宇多田ヒカルでさえ国際的に通用する歌手ではない。少子高齢化、人口減少社会のはじまりとともに、量より質を求める傾向が強くなっているのかもしれない。

ところで、人の歌声というものは、生まれ持ったものがあって、日本人にはどんなに発声訓練をしても、イタリア人やスペイン人のような艶やかで深みと迫力のある声は出ない。オペラの世界では、どうしても日本人歌手が見劣りしてしまうのは致し方ない。

不思議なことに、東洋人離れした声を持つ歌手がなぜか韓国に、すい星のごとく現れる。ソプラノでは、スミ・ジョー。彼女は巨匠、カラヤンをして「神からの贈り物」と称賛せしめた。奇跡のような声の持ち主である。

テノールでは、ベー・チェチョルをあげなくてはならない。世界的にも貴重な「リリコ・スピント」の、叙情的でしかも力強い歌声は、「アジアで100年に一人の逸材」といわれた。

2005年を最後に、彼が本拠とするドイツの歌劇場の舞台に立ったことは一度もない。甲状腺がんに侵され、その手術のさい声帯を動かす神経が切断された。命とひきかえに「美声」を失った。

彼は絶望した。妻は鼻歌を口ずさむことさえやめた。ドイツにある自宅から一切の音楽が消えた。

彼は近くの森に妻とともに出かけた。恐る恐る声を出す。声帯がうまく動かず、息が漏れ、高音域ほどかすれ声になる。くじけそうになった。もうだめかとあきらめかけた。

そんなとき、音声外科手術の世界的権威、京大医学部名誉教授の一色信彦に引き合わせたのは音楽プロデューサー、輪嶋東太郎だ。2003年にべーをオーチャードホールで日本デビューさせ、その歌に魅せられ、復活を祈り続ける男である。

べーは一色の手術を受け、リハビリや発声訓練を続けるうち、少しずつ声が出るようになった。とくに今年、7月からの回復ぶりはめざましかった。ある日のこと、輪嶋は国際電話から突然、聞こえてきた彼の歌声に「神様は試練のあと彼に新しい声をプレゼントした」と感じた。

東京・オーチャードホールで11月に開かれた韓国人歌手たちのオペラコンサートに、輪嶋はベー・チェチョルを招いた。公演のアドバイスが招請の名目だったが。輪嶋にはアイデアがあった。

「公演が終わったあと、仲間たちの前で歌ってくれないか」。輪嶋は提案した。「まだ人に聞かせる歌ではない」。プロのプライドがベーを躊躇させる。「でも、理解してくれる仲間の前なら一歩を踏み出す勇気が出るかもしれない」。ベーは決心した。

そのときが来た。2年以上のブランクのあと、声の出ない不安を抱えて人前で歌うプロ歌手の心には、想像を絶するプレッシャーがかかる。「ああ、生きることは緊張だ」と言い残して、ベーはステージに向かった。

ベーは、思い通りに歌えないもどかしさを超え、「神に与えられた新しい声」を受け入れて、“魂の一曲”を歌い終えた。「ブラボー」の大きな声が響いた。仲間たちはみんな泣いていた。

輪嶋は舞台のソデに立ったまま涙をこらえていた。仲間の一人に手を引かれ、輪嶋は舞台中央のベーに近づいた。両手で顔を押さえていたベーは輪嶋と抱き合った。再起に向けた確実な第一歩だった。

ドイツの歌劇場は契約を更新してかけがえのないテノール歌手を待ち続けている。

ウソばかりが目立った今年1年、締めくくりくらいは、輪嶋のような信じられる人の話を書きたかった。ベーの復活とともに、輪嶋のさらなる活躍を期待したい。

                               (敬称略)

« 米国とムシャラフの犠牲ではないのか?ブットと民衆 | トップページ | CO2削減元年、困難な目標に挑む日本 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/9632871

この記事へのトラックバック一覧です: ベー・チェチョル、「偽」の年の終わりに、純粋な魂の物語:

« 米国とムシャラフの犠牲ではないのか?ブットと民衆 | トップページ | CO2削減元年、困難な目標に挑む日本 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ