« 永田町的妥協を民主に押しつける三紙社説の画一性 | トップページ | 過剰道路の補修予算不足でやがて日本は荒廃する »

2008年3月24日 (月)

さっぱりわからぬ日経新聞岡部主幹の日銀総裁像

日銀総裁のポストが一時的に空席になった。永遠に空いているわけではない。近々、決まるだろう。なのに海外紙の論調を引き合いに出して「国際的な信用が地に堕ちた」と大騒ぎする。日本のマスコミの悪いところだ。

反面教師としたい論説が本日の日経新聞に載っている。岡部直明主幹が書いた「核心」と題する文章である。

冒頭から例の決まり文句が登場する。「空席になり、日本という国の信認は失墜した」。いきなりである。では、「空席すなわち信認失墜」の理由を説明して欲しい。説明を捜すが、どこにも見当たらない。次に書かれているのは、「日銀総裁といえば、威厳のある存在だった」である。

仕方がないから、どなたが、どのように威厳のあったのかお伺いしましょう。おお、これは書いてある。

「戦後の復興期、法皇と呼ばれた一万田尚登総裁の記者会見では記者は起立して総裁を迎えた」

「森永貞一郎総裁はパイプに火をつけて一呼吸置いてから、ゆっくり答える。そのしぐさがかっこよくて、記者クラブで一時、パイプがはやった」

岡部主幹の考える「威厳」とはこういうものらしい。鬼籍に入った人は懐かしいものだ。酒の席ででもやってほしい昔話である。

このあと、「財政と金融の分離論は欧米では聞かない」と民主党を批判。いかにも「武藤総裁」でよかったではないかと言いたげだ。

たしかに、財務官僚が日銀総裁になっても一向にかまわない。だが、これまでに名前のあがった二人の次官経験者が、なぜいまの日銀総裁に求められる資質を持っているといえるのか、しっかりした説明を政府から聞いたおぼえはない。

しかも、武藤総裁案は「財務省人事」の枠内で出されてきた色合いが濃い。だから、民主党の反発を招いた。このことは岡部主幹も十分承知のはずである。

ここで、考えなければならないのは、総裁ポストの空席を埋めることが先にあるべきではなく、誰が日銀総裁として世界と渡り合える識見と能力を有しているかという点である。

経済学者や官僚を含めた幅広い人材のなかから、岡部個人として「ぜひこのような人物を推したい」「この人ならこういう理由でふさわしい」と具体的な名を紙面で例示できないものか。いやしくも日本を代表する経済紙の主幹である。経済学者も含め、適材を見つけ出すことくらい可能だろう。

「同意人事だからこちらから名前はあげられない」というのは、野党の立場であって、ジャーナリズムには関係がない。具体性がないから、論説が単なる作文に終わるのである。

そして、この論説の結論はこうだ。「与野党は大局的立場に立ち、日銀総裁を決め、失われた信認回復につとめることだ。さもなければ、その汚名は長く歴史に刻まれることになる」

「なにがなんでも、日銀総裁を早く決めろ」といわんばかりである。総裁ポストに誰かの名が埋め込まれたら、それで「日本買い」が復活するとでも思っているのだろうか。問題はもっと根深いのだ。

政治家と結託する財務省の意向に、決して左右されない。金融の本質をつかみ、世界でリーダーシップを発揮し、「日本は変わる」というメッセージを発信できる。そういう人物が、日本銀行に求められている。

福田首相が官僚組織や政治家の呪縛から自らを解き放つことができれば、必ず「日本再評価」につながる人材を見つけ出すことができるだろう。

« 永田町的妥協を民主に押しつける三紙社説の画一性 | トップページ | 過剰道路の補修予算不足でやがて日本は荒廃する »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日経新聞の論説委員(コラムニスト)は皆、特に政治問題に対しては、感情的で単純で、勉強もしないで論説委員個人の意見を読者に押し付ける。
ジャーナリストは、もっと状況を客観的に分析して、議論を提示すべきで、日経新聞にはもう辟易する。
原発問題も、よく調べもしないで書く論説には、議論する気にもなれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/11731540

この記事へのトラックバック一覧です: さっぱりわからぬ日経新聞岡部主幹の日銀総裁像:

« 永田町的妥協を民主に押しつける三紙社説の画一性 | トップページ | 過剰道路の補修予算不足でやがて日本は荒廃する »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ