« 残留農薬、日本は大丈夫か | トップページ | 日銀総裁候補、武藤敏郎の癒えぬ古キズ »

2008年3月 7日 (金)

イオン帝国“錬金術”の挫折 国外展開へ方針転換

かつて、ダイエーの“錬金術”は、土地価格は上がり続けるという神話があって成り立った。土地を買って店を増やせば増やすほど、会社に含み資産が増え、いくらでもカネを借りることができた。その資金でM&Aもやってひたすら拡大路線を突っ走るうちに、その金儲けの方程式が通用しない時代に変わっていた。店も、人材も劣化し、気がつけば太った会社の体はぜい肉ばかりだった。

いま、イオンの屋台骨も揺らいでいる。これまでの急成長を支えた前提が崩れかけているからである。土地神話のダイエーと違い、イオンは2003年4月30日を大底とする株式相場の急回復の流れに乗って拡大路線をひた走った。

岡田元也社長は2001年、ジャスコからイオンに社名を変更するや、郊外の大ショッピングセンターを全国各地に建設する方針を打ち出した。2001年時点で783だった店舗数は、2008年1月末には1769店舗になっている。M&Aでヤオハン、マイカル、オリジン東秀、ダイエーなども傘下におさめた。

この資金を、イオンは市場から調達してきた。2004年に1000億円の公募増資、2005年に20年債を発行して150億円を調達。2006年には、「ハイブリッド証券」という310億円の50年債を発行するとともに2000億円もの公募増資までしている。

こうした資金調達が順調にできたのは、株式市場が活況となり、イオンの株価も上昇を続けてきたからだ。2006年1月31日、3190円の高値をつけたがゆえに、ハイブリッド証券発行も2000億円の公募増資もスムーズにおこなわれた。

ところが、それ以降の株価急落は目を覆うばかりである。本日前場引け値は1135円だ。なぜ、これほど市場はイオンの評価を下げたのか。資金を投じただけの成果があがっていないからである。

巨額を投じて買収したオリジン東秀、ダイエーは業績低迷を続け、米婦人服専門店タルボットの不振は著しい。そのうえ、2006年以降、デフレ下の人口減少が始まった日本では、個人消費が伸び悩み、オーバーストアによるパイの奪い合いで、小売業界はし烈な生き残り合戦を繰り広げている。イオン本体の既存店業績にも陰りが見え始めているのである。

そこに、さらなる衝撃が走ったのは2月28日のことだ。「2008年2月期決算説明会」における業績予想の数字は、証券アナリストに不信感をもたらすものだった。

08年2月連結営業利益予想は、昨年の中間決算時点で2000億~2100億円だったのが、 今年1月に1670億~1720億円と下方修正。さらに2月28日には、1520億円にまで下げてきた。

連結売上5兆円規模を誇る巨大グループの話なのである。1520億円といっても、全体の売上の3%ていどだ。ほんとうに、それだけの下振れでとどまっているのだろうか。イオンに対する市場の信頼感は一気に低下した。

イオン経営陣もようやく国内における拡大路線の限界を悟ったのか、中期経営計画を大転換する方針をかためたようだ。国内の新規出店をストップし、経営資源を中核事業に集中し、海外事業を強化するという。遅きに失した感は否めないが、これまでの路線よりはよほどまともな考えといえる。

ただ、米国のサブプライムローン問題の余波による株式市場の低迷や、生活必需品価格の高騰により、日本経済の視界は急速に悪くなっている。イオンがその巨体を立て直すための資金調達もこれまでのように容易ではないだろう。

イオン経営陣の本当の力量が試されるのはこれからである。

« 残留農薬、日本は大丈夫か | トップページ | 日銀総裁候補、武藤敏郎の癒えぬ古キズ »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/11042967

この記事へのトラックバック一覧です: イオン帝国“錬金術”の挫折 国外展開へ方針転換:

» mixiで金儲け [mixiで金儲け]
みなさんはじめまして。 私は今までネットで稼ぐことができるなんて知りませんでした。 しかしネットで稼ぐ方法があるんです。それがアフェリエイトです。しかもとても簡単にできます。 そんな耳寄りな情報を思い切って公開したいと思います。 それが この方法です この方法は今話題のmixiを利用するんですが、うまくいけば月収30万も夢ではありません。是非試してみてください。。。...... [続きを読む]

» ナンバーズを簡単に当てる方法 [ナンバーズ予想自動生成ソフト]
「ナンバーズって何?」 そんなど素人でもナンバーズにストレート当選してしまった、ナンバーズ自動生成ソフト。現在、これで月30万円以上稼いでいる人続出中!です。 [続きを読む]

« 残留農薬、日本は大丈夫か | トップページ | 日銀総裁候補、武藤敏郎の癒えぬ古キズ »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ