« 「一般財源化」閣議決定の虚しさ | トップページ | バイエルvs山中特許競争の毎日報道は勇み足 »

2008年5月15日 (木)

緒方重威「総連不動産事件」初公判の不可解

本当に検察のシナリオ通りなのだろうか、もっと奥が深い事件ではないか。そう思わせるのが、元公安調査庁長官、緒方重威らが朝鮮総連の不動産をめぐって詐欺容疑に問われている事件だ。

14日、東京地裁の初公判。検察、弁護側双方の陳述の内容から浮かび上がった事件の周辺を検証したい。

緒方重威。1984年から86年にかけて公安調査庁調査第二部長をつとめた。朝鮮総連の調査が主な仕事だった。公安調査庁長官、広島高検検事長を経て退官。97年、弁護士となった。

不動産会社「三正」元社長、満井忠男との出会い。それが、輝かしい彼の経歴を塗り替えていく。二人を引き合わせたのは世界空手道団体連合の朝堂院大覚総裁である。自民党の有力議員らと親交があり、裏社会で一目置かれる人物だ。緒方とは早大で同窓の弁護士を通じて知り合った。

検察側によると、緒方は平成11年ごろ、「三正」本社ビルなどの競売を回避したいと依頼を受け、満井被告と深く関わるようになった。「私が関わる以上、億単位の報酬はいただきたい」と緒方は要求したという。

その後、二人がともに取り組んだのが、六本木「TSKビル」の地上げ事業だ。戦後日本の政財界と闇社会の結びつきを象徴する建物である。朝堂院総裁がこのビルの一部を占拠し組合を結成してテナント管理をしていたことから、二人は5億4000万円で立ち退くよう総裁と交渉、合意した。しかし必要資金のうち2億9000万円のメドがつかないまま、二人は資金調達の必要に迫られていた。以上が犯行動機に関する検察側の説明だ。

さて、ここで朝鮮総連の売却話である。整理回収機構(RCC)は「朝銀東京信用組合」など破綻した在日朝鮮人系の16信用組合から引き継いだ不良債権のうち、総額628億円が実質的に朝鮮総連への貸付金だったとし、全額返還を求める訴訟を東京地裁などに起こした。

朝銀破綻処理に投入された国民の血税は総額1兆4千億円。野中広務の「ツルの一声」で資金投入が決まったという噂もある。

総連は訴訟に全面敗訴して、その土地・建物が強制競売にかけられる可能性が高まった。そこで許宗萬・総連副議長らはかつて、総連の土地を高値で買い取ってくれた満井被告に土地・建物の買い取りを依頼した。

ここから、緒方、満井が元信託銀行員の河江浩司と共謀して総連の土地・建物と4億8400万円の現金を騙し取る企てをした、というのが検察のシナリオだ。

しかし、どうしても解せないのが、売買契約の内容である。朝鮮総連の代理人は元日弁連会長の土屋公献弁護士。緒方は元高検検事長。この二人がからむ取引で、35億円の不動産代金の受け渡しがないまま、所有権移転登記が行われたことは、普通ならとうてい考えられない。しかもRCCは総連不動産の仮差押さえもしていなかった。

この不可解な事件を、検察は緒方、満井らの金欲のなせるワザとして片付けようとしている。本当にほかの動機はなかったのだろうか。

初公判で、緒方と満井が意見陳述した。

緒方 「総連会館は大使館機能もあります。それを失えば、在日の方々は棄民の状態に置かれる。社会に役立つことをしたいと考えていたところ、この案件がもたらされました。意味のある仕事であり、絶好の機会と考えました」

満井 「今回の事件の構図は安倍晋三元総理の指示で検察がやった国策捜査です」

かつて朝鮮総連の情報調査を担当していた緒方が、総連幹部に食い込むなかで、しだいにシンパシーを感じていったことはありうるだろう。

土屋は「慰安婦問題の立法解決を求める会」会長 や「日本の過去の清算を求める国際連帯協議会日本委員会」代表をつとめ、総連の代理人である。その思想信条は推して知るべしだ。

検察はこの冒頭陳述で「朝鮮総連の窮状に乗じた悪質な行為であり、到底許せない」という土屋弁護士の被害感情を披露しているが、あくまで表向きのコメントであり、本心は分からない。

緒方、土屋、総連。この三者の関係、さらにはRCCや政界に至るまで深く突き詰めていかなければ、真相は見えてこないのではないか。とりあえずは今後の裁判の成り行きを注視したい。

                  (敬称略)

Blogbanner2_10 人気ブログランキングへ

« 「一般財源化」閣議決定の虚しさ | トップページ | バイエルvs山中特許競争の毎日報道は勇み足 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

I would like to propose not to hold back until you get big sum of cash to order goods! You should just take the mortgage loans or just student loan and feel comfortable

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/20964672

この記事へのトラックバック一覧です: 緒方重威「総連不動産事件」初公判の不可解:

» 探偵・調査の大阪府興信所 [大阪府興信所]
浮気調査、素行調査、企業信用調査、個人信用調査、行方調査、盗聴機器発見調査、結婚詐欺等の不安を一掃する為の交際相手の調査など企業から個人の調査に 至るまで探偵業務は全国対応の探偵・興信所にご相談下さい。 [続きを読む]

» 大学進学とローン [大学進学とローン]
大学進学とローン [続きを読む]

» 松井証券とさくらカード [松井証券とさくらカード]
松井証券とさくらカード [続きを読む]

« 「一般財源化」閣議決定の虚しさ | トップページ | バイエルvs山中特許競争の毎日報道は勇み足 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ