« 作り物のように美しい日本救援隊の黙祷写真 | トップページ | 経団連は環境抵抗勢力の汚名を返上せよ »

2008年5月27日 (火)

中国綿竹市トップの土下座

日本の行政区分と違うので、勘違いしやすいが、中国では省の下に「地級」行政区、その下に「県級」行政区がある。

大地震に見舞われた四川省。校舎倒壊で多数の児童が犠牲になった富新第2小学校は綿竹市にある。綿竹市は「県級」であり、その上位の行政機関は「地級」行政区、徳陽市だ。

25日、富新第2小で亡くなった児童の両親らが校舎の「手抜き工事」の責任を追及するデモ行進をした。それぞれにこどもの遺影を抱き、黙々と歩いた。疲労と悲しみと怒りが表情ににじむ。

この日の目的は、デモだけではなかった。上級行政機関である徳陽市庁舎に赴き「手抜き工事」についての綿竹市の責任問題を提起することだった。

これまで、親たちは倒壊した校舎の瓦礫の上につくった慰霊台を守りながら、綿竹市当局者が調査に訪れる日を待っていた。しかし、ついに市当局者が現れることはなかった。もう、綿竹市を信用すまいと心に決めた。「涙は枯れ果てた」。「行動しかない」。

デモ隊は、市中心部に差し掛かった。徳陽市に向かうバス4台が待ち受けていた。

そのとき、突然、一人の男がデモ隊の真ん中に飛び出してきた。綿竹市トップの蒋国華共産党委員会書記だった。「この問題を解決する。信じてほしい。行かないでくれ!」

蒋国華は土下座をした。「お願いだ、行かないでくれ」。綿竹市の最高実力者として君臨していた男のなりふり構わぬ懇願だった。地方政府の役人の腐敗は根深い。「手抜き工事」は、建設業者から役人に多額のワイロが流れ、その分の無茶なコストダウンが平然とおこなわれたことをうかがわせる。

騒ぎが拡大すれば自分の立場が危うくなる。そんな危機意識が、蒋国華をして土下座という行動に駆り立てたのだろうか。

保護者らは懇願を無視した。バスに分乗して徳陽市に向い、張金明副市長と面会した。

張副市長は「校舎の耐震強度などについて調査を始めた。違法行為が発覚したら責任者を法廷に送る」と約束したという。

それにしても、共産党の地方幹部が民衆に土下座をするということがこれまでにもあったのだろうか。大地震という異常事態が一時的にせよ報道を解放したから、そんなシーンを他国の国民が目撃できただけなのだろうか。

中国人は「絶対に謝らない」といわれる。日本人からみると、土下座は「懇願」とともに「謝罪」の意味が大きい。

「申し訳ありません。許してください。お願いします」。ひたすら謝って、懇願すれば、日本人の心は動く。

しかし、蒋国華の土下座に「謝罪」の気持ちはなかっただろう。中国通の知人は、最近こんなメールをくれた。「中国では失敗しても自分の責任は認めません。認めれば即、自分の生活を失うからです。胡錦壽でさえ、弱みを見せた途端に自らの地位を失いかねません」

組織の連帯意識が希薄で、個人の金欲、成長欲は際限ないのだともいう。市のトップ自らが、いきなりデモ行進中の親たちの前に現れるというのも、組織重視の日本では考えられないことだ。

しかし、日本の官僚も決してほめられたものではない。組織的ではあるが、組織が仲間の共同体になり、仲間うちの評判が何よりも気になるという、国民不在の意識構造になっている。

そのうえ「官僚の無謬性」の呪縛から逃れられない点では、中国の役人と似たり寄ったりだ。過ちを認めず、責任を逃れる理論武装ばかり考えている。青雲の志を持って府省に入った若者の優秀な頭脳も、そんなことに空費され、国家のために使われない。国民にとって、いかにも、もったいないことだ。

むしろ、日本にこそ、土下座すべき官僚や官僚OBがあまたいるのではないか。

                     (敬称略)

Blogbanner2_4人気ブログランキングへ

« 作り物のように美しい日本救援隊の黙祷写真 | トップページ | 経団連は環境抵抗勢力の汚名を返上せよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/21213968

この記事へのトラックバック一覧です: 中国綿竹市トップの土下座:

« 作り物のように美しい日本救援隊の黙祷写真 | トップページ | 経団連は環境抵抗勢力の汚名を返上せよ »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ