« 親日アピールに転じた胡錦濤の狙いとは | トップページ | 防衛疑惑・秋山直紀に地検特捜の強制捜査迫る »

2008年5月12日 (月)

読売の誤報か虚報か、それとも政府のウソか

よくもまあ、読売新聞はこれほどの怪しげな記事を掲載したものである。

「日本政府が、横田めぐみさんの娘や元夫と、めぐみさんの両親との面会を韓国内で実現できるよう韓国政府に北朝鮮との仲介を要請していた」というのだ。

情報元は「日韓関係筋」だとか。日韓の関係筋というのはどんな人を指すのだろう。日本政府関係者ならそうは書かない。韓国政府にしてもそうだ。両方の政府にまたがる人などいないはずだ。とすれば、日韓関係の団体、研究者、評論家か、それとも情報ブローカーか。

それはともかく、この記事の新情報は、ほかに二つある。一つは「拉致問題担当の中山恭子首相補佐官がソウルを訪問した際に韓国政府高官に要請した」こと。いまひとつは、面会が実現すれば、めぐみさんの「遺骨」として北朝鮮から提供された別人の骨を返還する、ということである。

これだけの情報をつかんだら、まず、中山補佐官に取材するのが当たり前だ。本人である中山補佐官に、その意図を聞かなければならない。

横田さん夫妻はかつて、めぐみさんの元夫、金英男さんの訪朝呼びかけに応じなかった。その意思が変化したのかどうか。それに遺骨を返還するのは、北朝鮮側のウソの証拠を消し去ることになるのではないか。

そういった疑問を中山補佐官に、全く問いただすことをせず、横田夫妻への取材もなしに、紙面に掲載したのである。当然、横田さん夫妻は報道を知って仰天した。中山補佐官に電話で問いあわせた。「全く知らない。遺骨を返すなんてありえない」との答えが返ってきた。

中山補佐官は「まさに作り事の記事。びっくりするとともに残念だ」と記者団に語り、読売新聞社に文書で抗議したという。

中身に全く説得力がないこの記事は、中山補佐官の言うとおり、まず99%ガセネタであろう。

最大の疑問は、この記事が出稿され、デスクがチェックしたさい、なぜ中山補佐官または横田夫妻の談話取材を指示しなかったのかということだ。少なくとも、談話取材をしておれば、簡単に情報の真偽を確認できたはずである。

もう一つの疑問は「日韓関係筋」といわれるネタ元の人物がこの情報をどこから入手したのか。あるいはでっち上げたのか。そしてこの話を何か特別な意図をもって読売記者にリークしたのかどうか、ということである。ひょっとしたら、「日韓関係筋」は記者自身だったのでは、という疑問すら感じるのだ。

昭和25年に起きた、朝日新聞の伊藤律会見事件を思い出す。レッドパージで潜伏中だった日本共産党幹部、伊藤律と宝塚市の山林で会見したとする記事を神戸支局の中堅記者が出稿した。

本社デスクから真偽を疑う声が出たが、支局の声に押されて紙面への掲載に踏み切った。その後、この記事が完全な虚偽だったことが分かり、担当記者と神戸支局長が退社、大阪本社編集局長は解任された。

記者は特ダネを出さないと肩身が狭い。とくに、持ち場のニュースを他社にスクープされるとキャップやデスクに叱られ、自身も「抜き返さねば」と焦る。そんな心理に、筋ワルの情報でも記事にする危険が潜む。

今回の報道の真相はいまのところ分からない。もし、書いた記者が記事に自信があるのなら、徹底的にこの件を追うべきだ。

Blogbanner2_12 人気ブログランキングへ

« 親日アピールに転じた胡錦濤の狙いとは | トップページ | 防衛疑惑・秋山直紀に地検特捜の強制捜査迫る »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>よくもまあ、読売新聞はこれほどの怪し>げな記事を掲載したものである

なにを いまさらジロウ~♪

以前、美空ひばりの弟が(もち生前)府中刑務所に服役していた頃の話なんで…おおよそ30年と少し前後昔の話だけんど、でっかい記事(もちろん読売)で、府中刑務所内で秘密の覚せい剤製造基地がある~!!と、まア 堂々といい加減な週刊誌なみの報道をして、直ぐさま法務省からクレームがあり、翌日誤報ですた~と、数行の謝罪文がホント小ちゃ~く掲載になったのを思い出した。 秘密の宇宙人基地かとおもった。

おいら、阪神タイガースファンっつーのもあるが、益々読売が嫌いになって今に至っている。 31カークランドは元気かな?

読売のおかげで最近のプロ野球も ほ~んとつまらんくなり、まっこと有難う御座いますだな。 
“なべつね”といえば、時代劇で越後屋と悪巧みをする悪代官イメージで、悪の代名詞として確固たる地位まで登りつめているし、"なべあつ”と どっちがアホか よくわからん。
黒田班もこいつ相手ではソートウ大変であっただろうことは想像できるな~南無阿弥陀部~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/20904997

この記事へのトラックバック一覧です: 読売の誤報か虚報か、それとも政府のウソか:

« 親日アピールに転じた胡錦濤の狙いとは | トップページ | 防衛疑惑・秋山直紀に地検特捜の強制捜査迫る »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ