« 安倍晋三が山拓につけた「利権」のレッテル | トップページ | 「七夕会」は主計局OBの天下り斡旋組織か »

2008年6月22日 (日)

橋下知事は国の淀川水系ダムに「ノー」を突きつけよ

橋下大阪府知事はこういう場面で、歳出削減に大ナタをふるってほしい。国交省が“見切り発車”させようとしている淀川水系の四つのダム建設計画に「ノー」を突きつけるのだ。

20日に国交省近畿地方整備局が発表した「河川整備計画案」。滋賀、京都、三重の四ヵ所のダム建設が盛り込まれ、その事業費がなんと3000億円近い。

各分野の専門家や住民らでつくる「淀川水系流域委員会」はこの4月、「ダムの必要性を説得する内容になっていない」と、この案を突き返している。

にもかかわらず冬柴国交相は「大洪水がきたら誰が責任を取るのか」と、100~200年に一度あるかないかの可能性をタテに突進する構えだ。

こうした国の直轄事業費は、関係する地方自治体が否応なしに一部を負担分する決まりだ。国交省は流域の大阪、京都、滋賀、奈良、三重、兵庫の知事に計画案を送付した。

さて、何かと動向が注目される橋下知事はいかに対応するのか。これまでのところ「流域市町長の意見を参考にしたい」と歯切れが悪い。

試算できていない二つのダムを除いて大阪府は今後、140億円を負担しなければならない。あとの二つを入れると200億円は超えるだろう。

大阪府は現在、1日220万トンをこえる水利権を確保しており、人口は頭打ちで、水洗トイレの普及率は92%。これ以上、水需要が増え続けるかというと、甚だ疑問だ。この4つのダムの利水事業から撤退し、無駄な公共事業費を削減するべきではないか。

利水、治水を大義名分に河川環境を破壊してまで造り続ける巨大ダム。せいぜい70年というコンクリートの耐用年数を過ぎたら、国はまた別のところに新しいものを造り、永久にそれを繰り返すつもりだろうか。

長良川河口堰の問題を契機に河川法が改正され、それにもとづいて設置された「淀川水系流域委員会」。近畿地方整備局の諮問機関でありながら、役所側の論理におもねることなく、明確な姿勢で意見具申をしてきた。これによって住民の視点が反映されるはずだった。

しかし、国交省はやはり、十分な論議を尽くすより、一刻も早くゼネコンを潤す方向に走った。これでまた子孫にツケがまわることになる。水道料金にも上乗せされるだろう。

かつて田中康夫長野県知事が「脱ダム宣言」した天竜川水系の戸草ダムは、田中退陣後も県が不参入姿勢を貫いたため、国交省は事業計画を白紙撤回した。知事がその気になれば、直轄事業を拒否できる好例だ。

威勢のいい橋下知事が国の直轄事業への負担金に斬り込もうとしていないのはやはりおかしい。

「そんなことしたらあとが怖い」などというのは凡庸な知事のセリフだ。今のように府民の圧倒的な支持があれば、国交省も府議会の抵抗勢力もうかつに報復などできないだろう。

いちばん厄介なところに手をつけてナニワのど根性を示すべきときである。

Blogbanner2人気ブログランキングへ

« 安倍晋三が山拓につけた「利権」のレッテル | トップページ | 「七夕会」は主計局OBの天下り斡旋組織か »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お説ごもっともだと考えます。
しかし、読売TV系列からでてきた
自公公認タレント知事さんですから、
わかりやすい限界なのではないでしょうか。
無駄な巨大公共土木事業で財政破綻寸前にまでなっている現実に向かわず、
人件費削減でとりあえず急場をしのいでも結果は夕張の二の舞が今の時点で
みえていますね。
国土交通省は亡国の子孫への借金省とでも
名前を変えたらわかりやすいのですが
・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/21805347

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事は国の淀川水系ダムに「ノー」を突きつけよ:

» 再開39回目 北朝鮮アンケート・・・・と、【お知らせ】など [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 昨日の今日でなんですが、また新しいアンケートをやります。  今回はこれ↓↓ 北朝鮮についてのアンケート http://enq-maker.com/5qqMEGv  安倍晋三氏と山崎拓との間の対立がこのアンケートをやろうと思わせたきっかけです。  北朝鮮には過去から現在に至るまで様々な国会議員が足を運んでます。  そして、そこから有意義な結果が出たためしがありません。  少なくとも俺はそう考えてます。  しかし、他の方はどう思ってるのか?  そこのところが知りたい。  外交の裏側なんて一... [続きを読む]

» 橋下知事、公用車で抜け出しジム通い [news blog]
大阪府の橋下徹知事が14日午後、公用車で府庁を抜け出し、大阪市内のフィットネスジムに行っていたことが16日、分かった。知事日程ではこの時間帯は「庁内執務」となっており、7月臨時議会の総務常任委員会などが開かれていた。橋下知事は「府民に判断を委ねるが、24時間365日公私合わせもった生活をしており、空いた時間を使った。警護の問題で1歩も外に出ることができない状態なので理解してほしい」と釈明したが、府議や職員から批判の声が出ている。 知事によると、14日は午後1時ごろ、公用車で府...... [続きを読む]

« 安倍晋三が山拓につけた「利権」のレッテル | トップページ | 「七夕会」は主計局OBの天下り斡旋組織か »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ