« ヒロシマとウイグルの声を北京に届けたい | トップページ | 脱石油、原発建設の利権と恐怖 »

2008年7月29日 (火)

公明党が臨時国会9月下旬にこだわる理由

創価学会の池田大作名誉会長が最も恐れているのが国会での証人喚問だといわれる。昨年の参院選大勝で、参院の支配権を握った民主党など野党勢力は、ずっと、池田氏を国会に引っ張り出す機会をうかがってきた。

チャンスはやってくるものである。評論家活動を妨害されたとして、元公明党委員長、矢野絢也氏が創価学会を提訴した。「矢野氏の話を聞く会」には民主党を中心に多数の議員が集まったが、その場で矢野氏は「呼ばれたら喜んで証人喚問に応じます」と、暗に国会での池田氏との“対決”をのぞむ発言をした。

矢野氏の証人喚問となれば、創価学会と公明党の「政教一致」問題や、池田名誉会長の関与などが問われるだろう。矢野氏の積極的な発言を受けて当然、池田氏招致が要請される可能性が強い。

矢野氏の提訴やその後の記者会見の背後に野党の関与があったかどうかは定かではないが、民主党などが、これを「自公引き剥がし」の好機ととらえ、臨時国会で「証人喚問」を切り札として使ってくることは明らかだ。

しかし、自らを神格化する池田氏が国会の喚問の場で質問の矢にさらされることになると、創価学会は“身内”であり政権政党でもある公明党に怒りの矛先を向けるだろう。

したがっていま、公明党に創価学会から突きつけられている至上命題は「証人喚問」という事態を回避することである。

公明党は、来年7月の東京都議選に全力を尽くせるよう、今年中か、来年早々には解散総選挙に持ち込む算段だ。公明党にとって127議席中22議席を占める東京都議会は国政と同等に重要である。東京、大阪は負けるわけにはいかないのだ。

新テロ特措法延長のため8月下旬という早い時期に臨時国会を召集したい自民党に対し、公明党は9月下旬召集を主張して、与党内の意見が真っ二つに分かれている。昨年は特別として、通常の臨時国会は9月下旬から12月中旬を会期とすることが多い。公明党は臨時国会の会期を短くし、テロ特延長を先送りして早く総選挙になだれこむことを願っているようだ。

臨時国会の会期が長くなれば、池田名誉会長の「証人喚問」が避けられない状況にもなりうると懸念してのことだろうか。

小沢一郎のことだから、「証人喚問」をちらつかせながら、公明党に「自民との離反」を迫ることも十分考えられる。かつて新進党で手を組んだ公明党を取り込めば政権獲得に有利だという読みがあるだろう。

ただし、そういう党利党略による節操のないやり方は、かえって民主党への国民の反発を招くだけかも知れない。

もともと「平和・福祉」を標榜してきた公明党が政策面で自民党とは相容れない面があることは周知の通りだ。選挙戦において、地方に強い自民党と都市部に強い公明党が協力しやすいという、不純な理由もあって連立を組んでいるに過ぎない。

創価学会が権力中枢にもぐりこんで日本を支配する隠れ蓑として公明党があるとするならば、公明党はいつまでも自民党にしがみついている必要はない。

現に、最近の地方議員懇談会で、地方議員から「自民党という泥舟に乗って一緒に沈んでいいのか」という厳しい意見が執行部に対して続出したという。

公明党幹部は「福田では選挙は負ける」と危機感を強めている。だから内閣改造にも乗り気ではない。福田首相の手で解散総選挙となるのは公明党として避けたいシナリオなのだ。

自民党選対委員長の古賀誠との関係悪化を取りざたする声もある。今春の衆院山口2区補選で、公明票がほとんど自民候補に流れず大敗したことも尾を引いている。もはや、創価学会が自民党に見切りをつけ始めた可能性すらある。

自民党の支持基盤や集票組織の弱体化を身をもって知っているのは創価学会であろう。

自民党の衰退傾向と政界再編への流れのなかで、どうやって生き残っていくのか、真剣に公明党の幹部たちは思案しているのではないだろうか。


                   (一部敬称略)

Blogbanner2人気ブログランキングへ

« ヒロシマとウイグルの声を北京に届けたい | トップページ | 脱石油、原発建設の利権と恐怖 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

記事とは全く関係ありませんが、「毎日新聞変態報道事件」をご存知でしょうか?
これについてぜひ取り上げてほしい。
日本人を9年に渡り貶めてきた毎日新聞は許されるものではありません。
政治家の先生も取り上げて紹介してくれています。
ネットでは今も抗議活動が続いています。
しかし、テレビではミヤネ屋とたかじんが僅かに取り上げただけです。
全国紙は明らかにおかしい。
テレビも明らかにおかしい。
この毎日新聞変態事件を通して日本のメディアの異常さが再認識されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/22641872

この記事へのトラックバック一覧です: 公明党が臨時国会9月下旬にこだわる理由:

» 白熱する竹島問題を出来る限り軍事的に考えてみる。 [帝国ブログ]
保守系のブログを巡回していますと竹島問題についてのエントリーが多いですなあ。 教科書の記述で問題になっているのは分かりますけれどもどうも過熱気味な様な気も 致しますし韓国にも困った物ですが。日本の外交上は毎年「竹島は我が国の領土だ」 と主張し続け、「文句があるなら国際司法裁判所に出て来い」と言い続けれていくしか ないように思えますね。2ch軍板にも「ニュー速」やら「東亜」辺りからも人が流れ込んで きてるんでしょうけどもスレが乱立気味ですな。少し自重しないといけません。 軍事系のブログであ... [続きを読む]

« ヒロシマとウイグルの声を北京に届けたい | トップページ | 脱石油、原発建設の利権と恐怖 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ