« 政界をめざした元エリート官僚が沖縄の海で最後に想ったことは | トップページ | 米ロ石油対立のグルジア、ロシア軍事介入で危機深刻化 »

2008年8月 9日 (土)

壮麗な「北京五輪絵巻」で逃した、もう一つの「感動劇」

映画監督、張芸謀が紡ぎだす夢幻の開会式絵巻で北京オリンピックがはじまった。「モダンチャイナ」を圧倒的な迫力で印象づける芸術家の力に驚嘆する一方で、その壮麗なる演出を強く要請されたであろう張芸謀の葛藤を想わないではいられない。

現実をしばし忘れさせる麻薬のようなセレモニーは、中国人の「もてなし上手」とともに、これまで数多くの日本や欧米の政治家を“骨抜き”にした甘き密のごとき「洗脳術」を想起させる。

今日の産経朝刊で、中国出身の評論家、石平がこう書いている(一部省略)。

「文革時代、革命祭日となると共産党と政府は天安門広場に数十万人もの群集を集めて壮大なイベントを催した。大掛かりな演出を繰り返すことによって、厳しい現実から民衆の目をそらす必要があった」

派手なオープニングと反比例するように、低迷を続けていた上海株がさらに急落した。日経は中国の証券会社アナリストから五輪を歓迎する言葉が聞かれなかった、と伝えた。

五輪をめざして活気づいてきた中国経済が、五輪の終焉をゴールとしてバブル崩壊に向かうという懸念を、世界の投資家たちが抱いているからだろうか。

スタジアムを埋めた人々の熱狂に冷水を浴びせる必要はない。しかし、10万人近い人々が犠牲になった「四川大地震」への追悼の心を、どこかで色濃く表現すべきではなかったか。6月13日のブログ「祝賀より追悼こそ北京オリンピックの歴史的意義だ」で、筆者はこう書かせていただいた。

もしこの「人間の尊厳」を謳う世界の祭典が、すぐそばで悲しみにくれる人々への思いやりのカケラもないものだったらどうだろう。少なくとも開会式に、IOCが主導して「犠牲者の鎮魂と復興への祈り」をこめたセレモニーを組み入れ、世界人類の心を表現してもらいたい。華やかさの中にも、抑制のきいた式典にしてほしいものだ。

深夜までに及ぶ長い開会式の全てを観たわけではないが、たしか「大地震犠牲者への黙祷」のシーンはなかったと思う。

「中国の発展」を印象づけはしたが、人の魂を揺さぶる歴史的な開会式にするチャンスを中国は逃した。


                      (敬称略)

Blogbanner2_2人気ブログランキングへ


« 政界をめざした元エリート官僚が沖縄の海で最後に想ったことは | トップページ | 米ロ石油対立のグルジア、ロシア軍事介入で危機深刻化 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/22876954

この記事へのトラックバック一覧です: 壮麗な「北京五輪絵巻」で逃した、もう一つの「感動劇」:

« 政界をめざした元エリート官僚が沖縄の海で最後に想ったことは | トップページ | 米ロ石油対立のグルジア、ロシア軍事介入で危機深刻化 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ