« 金正日重病説で気になる軍部の動き | トップページ | 最強の発ガン物質「カビ毒」汚染米、将来の健康被害は心配ないのか »

2008年9月12日 (金)

ロシア売り加速、プーチン柔軟外交に転換?

怖い国だと思われたら世界のおカネが逃げていく。そのことにプーチン首相も気がついたのだろうか。

「ロシアには帝国主義的な野心はない」と11日、ロシアのソチにおける世界有識者会議で表明したそうだ。

たしかついこの間、メドベージェフ大統領が「冷戦再来の展望も含め、何もわれわれを恐れさせることはできない」と強気なことを言っていたはずだが、どうしたことか。

グルジアへの軍事介入以来、マーケットでは「ロシア売り」が続いている。11日の株式市場は、主要銘柄が軒並み年初来安値を更新。外国為替市場も、ルーブルが1.7%下落した。

たまらず、ロシア中央銀行はドルを売ってルーブルを買い支え、メドベージェフが「軍事作戦の大部分は完了した」とコメントを出して、市場を落ち着かせた。

このころ、ソチの会議に臨んでいたプーチンは「ロシアと西側諸国との間には、イデオロギーの対立も、新冷戦のための素地もない」(朝日新聞)と、ジェントルな姿勢一辺倒。ひところの傲慢さは影をひそめた。

ロシアの強気の背景にあったのは、現代文明を支える石油の埋蔵量が世界二位、天然ガスは世界一という資源所有のパワーだ。

資源高を背景に、急にカネまわりがよくなった国民の平均所得は10年前に比べ6倍になり、狂ったように消費を謳歌している。

それゆえ、製造業は人件費によるコスト高で、世界市場における競争力は弱い。資源高と外国からの投資が頼りのロシア経済に、ミサイルを撃ち込んだのが米国のサブプライムショックだ。

これをきっかけとした世界不況とインフレ、そして各国の省エネへの取り組みで、石油需要が落ち込む見込みとなった。そこにグルジア紛争が起きた。

今年5月に最高値をつけた株価はみるみる値を下げ、ルーブル相場も7月16日から低落傾向。「ロシア売り」が加速し、ロシア経済の先行きは急速に不透明感を増している。

ロシア中央銀行のコリシチェンコ副総裁は「ロシア経済成長のモデルは変化を余儀なくされる。海外からの資金流入は昨年後半から急減少している」(日経新聞)と語る。

経済が悪化すれば、プーチンの権力基盤が揺らぐ。不正選挙や言論弾圧などやりたい放題でも、国民の懐が暖かいうちは不満の噴出は避けられる。いったんおぼえた贅沢な生活を変えるのは容易ではなく、プーチンにのしかかるプレッシャーはさぞきついことだろう。

グローバル経済の恩恵を受け、王朝の栄華を夢見たプーチンが、ルーブル建て原油取引で米国への外交カードを握ったとたん、“サブプライムミサイル”によるグローバル経済のしっぺ返しにあって、あたふたしているように見える。

またぞろ、北方領土をエサに日本からカネを引き出そうとしても、そうは問屋がおろさない。

                  (一部敬称略)

*より多くの方に読んでいただくため、よろしければクリックをお願いします↓
Blogbanner2人気ブログランキングへ

« 金正日重病説で気になる軍部の動き | トップページ | 最強の発ガン物質「カビ毒」汚染米、将来の健康被害は心配ないのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ロシアの突然の軟化についての的確な論評に脱帽です。威勢(虚勢?)のいいメドベージェフ大統領も最近出た竹森俊平教授の「資本主義は嫌いですかーそれでもマネーは世界を動かす」でも読むといいと思いますね。いつもながら金融ドラマが楽しめます。

計算できるリスクにはリスクに応じた合理的な金利リターンがつき、計算できない不確実性には利潤としての金利ではなく莫大なプレミアム(一種の保険料)がつく、というのはもっともな道理です。

ファンドという錬金術でわが世の春を謳歌していた米国はサブプライム危機で一気に自縄自縛に陥ったかと思うと、今度はこの紙切れから逃げ出しエネルギーに身を寄せた投機ファンドによって煽られたロシアの方はついつい調子にのって冷戦の不確実性をちらつかせたとたんに資本逃避の反撃に会う、というわけでこれも誠に分かりやすい金融ドラマです。

ロシアという不確実性はクレジットラインの維持に際して莫大な保険料を払わされるわけで、払わなければある日突然アーバンなんちゃらのマンション屋のように黒字倒産してしまうわけです。

もう今さら社会主義だの国家主義だのは国際金融のグローバリズムの前には張り子のトラか秋田のなまはげ程度のものでしかありませんね。これからの社会で本当に怖いのは風評とテロリズムですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/23683477

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア売り加速、プーチン柔軟外交に転換?:

» >> 毎日がバーゲンです!!<< [“新選市場”Paru Store]
>> 毎日がバーゲンです!!<<  より良い商品を激安でご提供! バーゲン会場も是非お立ち寄り下さいませm(__)m [続きを読む]

« 金正日重病説で気になる軍部の動き | トップページ | 最強の発ガン物質「カビ毒」汚染米、将来の健康被害は心配ないのか »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ