« “エルメス帝国主義”に暗雲 | トップページ | 総裁選から総選挙へ、自民党の考えるメディア戦略は »

2008年9月 6日 (土)

自民・読売の四巨頭が夜の総裁選「裏選対会議」

いま自民党内における暗黙の了解事項は、総裁選で激しい論戦を展開し、国民の耳目が集中するよう盛り上げることだ。

それにより、福田康夫から麻生太郎への“禅譲密約説”を否定し、小沢一郎が無投票で当選する民主党代表選との違いを浮き彫りにする。臨時国会で首班指名されたあと、冒頭解散し、“総裁選モード”で衆院選に突入すれば、それまでの自民党へのネガティブなイメージが後退し、少しでも有利に戦える。

そういう党内の思惑と空気を反映して、ここぞとばかりに推薦人確保のあてがないまま名乗りを上げる中堅・若手が続出。さすがに「売名行為ではないか」と反発の声が上がり、派閥の領袖クラスも「派としては推せないが、出るのはいいことだ」と、戸惑いを隠せない。

そんななか、政界とマスコミ界のドンが夜の「裏選対会議」を都内の料亭で開いた。森喜朗、青木幹雄、渡邊恒雄、氏家斉一郎(日本テレビ議長)の四人だ。毎日新聞記者に語った会合の目的は「日テレ出身である石原伸晃が総裁選に出馬するにあたっての協力要請を氏家が森や青木にした」ということらしい。

こういう夜の会合の本当の目的を明らかにすることはまずないだろう。彼らの眼目は自民党政権を継続させることに尽きる。そのために、好むと好まざるとにかかわらず「麻生総理総裁」で解散・総選挙をやるしか手はない、と考えているはずだ。

森は二人連続で政権を投げ出した自派閥(清和会)に謹慎を求め、麻生を推している。青木は出馬報告にやってきた自派閥(平成研)の石破茂に「もう少し早く言ってくれれば、派を挙げて推せたのに」(朝日新聞)と突き放している。森と青木は早大雄弁会以来の親しい付き合いで、今回の総裁選では同一歩調をとるとみられる。

マスコミ界の両巨頭、渡邊と氏家は旧制東京高校以来の仲間で、東大、読売新聞と同じコースを歩んだ。この二人が自民党政権の維持に躍起になるのは、長年かけて培ってきた政界・マスコミ界の権力構造を壊したくないからだ。

渡邊は親友、中曽根康弘を通じた政界との深い結びつきによってマスコミ界を牛耳っている。とくに、新聞経営の命綱「再販制度」を維持できるのは隠然たる政治力を持つ渡邊という存在があればこそだ。

新聞社が需給によらず自ら販売価格を決めることのできるこの制度は98年1月、公正取引委員会が「基本的に廃止」の方向を決めたが、渡邊らの工作で「当面見送り」になり、今に至っている。廃止されれば確実に新聞の値段は下がり、新聞社の経営は行き詰る。

テレビ局も放送への権力を握る総務省との良好な関係を維持するため、自民党内に築き上げた人脈を必要とする。渡邊、氏家のように大マスコミのトップとして長期にわたって君臨し、政界さえ牛耳っている存在は、表ではきれいごとを言っている他の新聞、テレビの経営者にとっても、欠かせぬ“必要悪”になっているのが現実だ。

夜の「裏選対会議」は、党内の情勢分析、麻生が負ける可能性の有無などについて、意見交換したのではないか。もし、万が一、迫力不足の与謝野馨あたりが総裁になるようだと、自民の勝ち目は薄くなるだろう。小池百合子も、意外に女性に不人気であるのが難点だ。

テレビへの露出をねらって乱立気味に見える“総裁選前夜祭”が終わり、告示日を迎えればおそらく候補者は絞られてくるだろう。もし、いま名乗りを上げている議員全員が立候補すれば、かえって焦点がぼやけ、総裁選効果を期待する自民党の思惑は外れるにちがいない。

                        (敬称略)

*より多くの方に読んでいただくため、よろしければクリックをお願いします↓
Blogbanner2人気ブログランキングへ

« “エルメス帝国主義”に暗雲 | トップページ | 総裁選から総選挙へ、自民党の考えるメディア戦略は »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

毎日新聞と聞いただけで、「変態新聞」ということになります。
もはや毎日=変態のイメージだけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/23538341

この記事へのトラックバック一覧です: 自民・読売の四巨頭が夜の総裁選「裏選対会議」:

» 反小泉改革主義者は守旧派で利権勢力 [EmpireoftheSun太陽の帝国]
 最近は日本の景気回復が遅れているせいかbloggerの中にも  「反小泉改革! [続きを読む]

» パート滋賀 [求人情報]
厳選!パート滋賀のとくしゅうです! [続きを読む]

« “エルメス帝国主義”に暗雲 | トップページ | 総裁選から総選挙へ、自民党の考えるメディア戦略は »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ