« 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 | トップページ | 宮崎か国政か、自民のラブコールに揺れる東国原英夫 »

2008年10月 3日 (金)

解散タイミングを虎視眈々と狙う麻生首相

小沢民主党は解散へアクセルを踏み込んでいる。対する麻生自民党は「負けるかもしれない」とみて、経済危機を大義名分に解散先送りでかわそうとする。

しかし、ほとんど全ての議員の心は選挙区に飛び、国会にはない。すでに選挙モード全開である。負けることを心配する議員は来年の任期切れまでやりたいと思いつつも、臨戦態勢をとらざるをえない。勝てると自信をみなぎらせる者は一刻も早く戦いたいとはやる。

すでに選挙資金はどんどん陣営のフトコロからあふれ出て、解散がいつになるか選対責任者らに苛立ちがつのる。

当然、政界の視線は解散権を握る麻生首相の動静に集中している。もちろん、伝家の宝刀はチラリとも見せはしない。

「補正予算はもちろん成立させにゃいかんが、消費者庁やインド洋給油法案もあるからね…」

野党の焦りを見透かしたようにジラしにかかるところが麻生の小憎らしいところだが、内心はその不敵な表情ほど穏やかではないはずだ。さすがの麻生も、小泉純一郎ほどのナルシストではない。

小泉は「解散をちらつかせながら任期いっぱいまでやったら民主党は資金が底をつく」と言うが、任期いっぱいまで麻生が人気を保てる保証は全くないのだ。

小泉はテレビ画面の魔術師といえる特殊な能力があり、いわばサビを心得た演歌歌手のような国民への語りかけができる。麻生はというと、声だけは浪曲師のようだが、テレビのフレームにおさめるより、街頭演説で力を発揮できるタイプだろう。

「任期を全うせよ」というのは「詐欺師」顔負けの大芝居を時に応じて打てる小泉のような政治家にして言えることであり、誰しもができることではない。

それに、麻生政権誕生に一役買った公明党が一貫して早期解散を迫っている。背景にはこのブログで繰り返し書いている創価学会問題がある。

民主党はいったん引っ込めていた元公明党委員長、矢野絢也の国会招致を再度、公明党に突きつけてきた。昨日のテレビ番組で、小沢代表は「政治と宗教、憲法上の問題は大きな焦点だ。参院で判断する」と、期間があれば国会招致の可能性が強まることを示唆し、解散先送りを牽制した。

参院本会議代表質問で民主党参院議員会長、輿石東も「税法上優遇されている宗教法人が選挙対策の中心拠点となって、政党以上の選挙を行っている」と公明・創価学会の選挙活動を暗に批判し、公明党を揺さぶった。

公明党は当然、麻生首相の尻をたたく。それでも麻生首相は公明党が納得するギリギリまで解散を延ばし、民主党の敵失を待つ作戦だ。おそらく民主党議員のスキャンダル探しの密命を帯びた人間が徘徊しているに違いない。

時間の制約を意識しつつ、麻生首相は精力的にさまざまな作戦を繰り広げる。福田前首相と違い、前線の指揮官のように次々と攻撃を仕掛けている。衆院本会議で細田幹事長とともに見せた徹底した小沢批判はその一つ。

その一方で、6日からの衆院予算委員会に向けて、民主党など野党の資料収集活動を封じ込める行動に出た。全省庁に「野党からの資料請求があれば事前に自民党に提示せよ」と、党国対委員会名で要請したのだ。野党が「事前検閲だ」と批判の声を上げるのも当然だろう。

「各省庁の事務負担軽減のためのルール作りを目的とした実態把握」という理由付けをして、村田吉隆国対副委員長が山積みの資料をかかえてテレビ画面に現れるという念の入れようだが、見え透いた浅知恵と思われても仕方がない。

いずれにせよ、制約された期間のなかで、麻生首相は標的となるタイミングを虎視眈々と狙っている。“政界スナイパー”、麻生太郎の不敵な面構えと眼光に凄みが増している。 (敬称略)

*より多くの方に読んでいただくため、よろしければクリックをお願いします↓↓
Blogbanner2人気ブログランキングへ


« 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 | トップページ | 宮崎か国政か、自民のラブコールに揺れる東国原英夫 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

経済が下向きになっている以上、長引かせるのは麻生自民党にとっては不利になっていくでしょうね。

「税法上優遇されている宗教法人が選挙対策の中心拠点となって、政党以上の選挙を行っている」は、もっともです。 税金を払っていない宗教法人(=政党)が、税金の使い方を決めるなんてどうして許しておけるのでしょうか? この点をもっと突っ込んで議論すべきです。政党に関連する宗教法人については、寄付金に対しても課税はすべきと思います。

基本的には「解散より景気対策などの政策の実現を優先する」との麻生総理の政治姿勢に賛同するものです。

10月3日解散説が、NY株暴落というBlack ならぬBright Mondayの風が吹き雲散消滅しました。
どうやら麻生政権には神佑天助の見えざる力が働いているような気がしてなりません。

カテゴリー5の解散風が吹き荒れていますが、「狭い日本、そんなに急いでどこへいく」というのでしょうか。
まるで玉手箱のように、民主党が政権を取れば一夜にしてわが国が極楽浄土に再生するかのような政局、政争を「国民は瞳を凝らして見ている」というのがわからないのですね、政治屋さんには・・・。

クレイジーパパさん

すみません、HNの「Mr.Hotman」が文字化けして「バットマン」になりました。謹んで訂正いたします。

vacant canada england mail yes elephant all mail white water girl house white boat site america

ocean busy minor mail ocean house red

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/24221140

この記事へのトラックバック一覧です: 解散タイミングを虎視眈々と狙う麻生首相:

» 五輪前後のフリーチベット(ウイグル)運動を動画で振り返る。 [帝国ブログ]
その前にこちらを やあ (・・`) ようこそ、東トルキスタン問題へ。 まず、お茶でも飲んで落ち着いて欲しい。 うん、実はまだこれからなんだ。済まない。 何せ大きな問題だからね、謝って許してもらおうとも思っていない。 もしかすると、貴方がこの問題を知らないかも知れないので、 ちょっと説明させてもらうよ。 普段は中国の「新疆ウイグル自治区」と呼ばれる地域で・・・ 例えば・・・ * 「計画生育」と言う... [続きを読む]

» スナイパーアフィリエイトパッケージ [スナイパーアフィリエイトパッケージ]
スナイパーアフィリエイトパッケージ生きとし生けるものに愛をこめて生命への讃歌 [続きを読む]

« 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 | トップページ | 宮崎か国政か、自民のラブコールに揺れる東国原英夫 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

microad

無料ブログはココログ