« 石井一議員、公明・創価学会問題で麻生首相に吼える | トップページ | いま本当に「大型株お買い得」なのか? »

2008年10月17日 (金)

野田聖子のマルチ擁護告白に、森まさこ唖然

消費者の側に立ち弁護士活動を続けてきた自民党の森まさこは16日の参院予算委で、大立ち回りを演じていた。

マルチ業界との癒着で民主党離党が決まった前田雄吉の問題を追及する役目を任じられ、この日ただ一人の自民党質問者である森のボルテージが上昇するのもうなずける。

「前田雄吉さんの首を切って終わらせてはならない。民主党の体質に問題があるのではないか」。同僚議員の声援を受け、ここぞとばかり、森は興奮した口調で激しく民主党を攻めたてた。

このとき、閣僚席にいた消費者行政担当の野田聖子大臣は複雑な思いで森の弁舌を聞いていたに違いない。森が野田に質問することは事前通告されている。

国会質問の事前通告は通常、前日の夜までに担当官僚が受け取り、答弁メモを作成して、翌朝、大臣に説明する。マルチ商法問題についての所感を聞かれることになっていた。

答弁メモに目を落としながら野田は思った。「この模範回答のままでは、あとで問題になる」。

野田は12年前の衆院商工委員会の議事録を検索し、質問者だった野田自身の発言内容と、出席メンバーに民主党の川端達夫がいたことを確認した。野田は急ぎ、自らメモを書き直した。

12年前のことなどつゆほども知らない森は締めくくりの質問を野田に向けた。

「野田大臣は消費者庁の設立など消費者保護行政の確立に取り組んでおられる。直近のマルチ商法の苦情は増加しており政治的圧力に屈しないでいただきたい。ご所感をお願いします」

野田の答弁は森にとって予期せぬ内容だった。

「12年前、訪問販売法改正について素朴な疑問を持ち、質問しました。マルチはすべて駄目だという動きに懸念を感じたからです。でも、自分の勉強不足で、消費者の視点に立った質問ができなかった」

平成08年04月10日、衆院商工委員会における野田聖子の発言は次のように、マルチ商法を擁護するものだった。

「連鎖販売取引イコール悪であるというような考え方を大きく転換し、次代の産業を支えるベンチャービジネスの一つとして業界の健全な発展を支援するよう国は取り組むべきではないか」

考え方は前田雄吉と変わらない。その人物があろうことか消費者を守る役割を担う大臣に就任している。

森は言葉を失い、議場は凍りついた。「ありがとうございました。これで質問を終わります」と言い残して席を立ったとき、同僚議員の拍手はすっかり勢いを失っていた。

マルチ業界の問題は痛み分けの形になった。自民、民主ともこの問題はもはや避けたいところだろう。

おそらく12年も前の野田の発言を記憶している人はいなかったのではないか。商工委員会のメンバー、甘利明、小池百合子はもちろん、民主党の川端達夫だってそうだ。しかし、マルチ業界の人々はしっかりとおぼえているだろう。

いまマルチ業界が、かつての擁護者野田をどう思っているかは知らないが、消費者担当大臣としての野田の答弁しだいでは、過去の発言を持ち出し永田町に繰り出して反攻に出ないとも限らない。

「告白」を決断させた野田の恐れはそんなところにもあったのではないだろうか。政治の世界は怖い。 (敬称略)

↓↓↓よろしければクリックをお願いします
Blogbanner2人気ブログランキングへ

« 石井一議員、公明・創価学会問題で麻生首相に吼える | トップページ | いま本当に「大型株お買い得」なのか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

クレイジーパパさん、このブログを最近、楽しく拝見しています。
野田氏の評価については、いろいろあるでしょうが、最近の野田氏らしいある意味正直な対応ですね。
政治家が自らの誤りを認めるのは極めて珍しいこと。
命取りとなるリスクもありますが、このブログでのやりとりを見て、野田氏の勇気ある発言は評価すべきだと思いました。(マルチ業者の反抗をおそれたのではないと思いますよ)
「ただ国民を懼れるのみ」とは三木武夫の言葉ですが、野田の心情にも通じるものがあったのでしょう。

野田聖子は、信念がありませんねえ。政治家なのに意見がコロコロ変わります。郵政民営化のときもそうでした。あれだけ強く反対していたのに、自民党に戻りたいとコロッと主張を変えました。多くの国民は、政治家、野田聖子を信用しなくなりました。

大臣になっても正直に話すのはいいのですが、はたして、消費者行政担当が適任なのでしょうか?

先ほど、日本アムウェイが野田聖子氏のパーティ券を購入したというニュースがでていました。言っていることと行動がちぐはぐな面が目立ちすぎます。

野田氏は完全に黒く染まってしまっているようですね。利権と保身ばかりで。むしろ消費者問題に詳しい森まさこさんに消費者担当大臣を期待したいです。

 人は過ちを犯すものだと私は考えます。政治家も同じ。致命的なものでなければ、そして、同じことを繰り返さないのであれば、過ちを糧に成長することは認めるべきではないかと思います。
 単なる商品の紹介とはちがい、その行為そのものを連鎖的に期待しているネットワークビジネスそのものに、私は一種の詐欺的な要素を強く感じます。従って、それへの擁護にも疑問を感じています。
 この件における野田氏の言動は保身のための言動ではないように感じました。それは自民党復党についても同じことではないでしょうか。
 反面、次の選挙で出馬はしないが、ネットワークビジネスというマルチ商法擁護を続けてきたことに反省の意思を示さない前田議員とは一線を画したように感じてもいます。

typhoon
マルチ通販問題を仕掛けたのは 自民でなく自民と連立している党だと言われています。
民主 自民 両方ともこの問題に振り回されています。
自民では 猪口議員も佐藤ゆかり議員の名も上がっています。
自分たちの党 国政と言うより、親分 層化の大作を守るためであれば国政も顧みない、与党も顧みない 政教分離が未熟な党が国政を握っているのはとてもとても悲しい事だ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/24558134

この記事へのトラックバック一覧です: 野田聖子のマルチ擁護告白に、森まさこ唖然:

» 東京市場再び大暴落 [歴史文化-宙水の視点 ]
東京市場1000円を超える大暴落    今日の東京市場は、1000円を超える史上二番目の大暴落となった。過小貯蓄、過剰貯蓄のアメリカ経済がおかしくなるのは当たり前である。金融工学とやらのリバレッジかファンドかしらないが、誰も分析評価ができないような、ルーレットゲームは終了しつつある。アングロサクソン流資本主義の終わりの始まりのようだ。今、これを書いている間もシティグループの1兆3千億円の損失を計上し、4期連続の赤字を発表したとのニュースが伝えられたところだ。メリルリンチも1兆円近い損失、5期連... [続きを読む]

» マザーズ上場「アドバックス」が牛耳る中野サンプラザ運営会社内紛の核心部分 [中野サンプラザ問題の救世主 細川徳生]
下記は、週間アクセスジャーナルより引用です。私は、中野サンプラザ問題が風化するこ [続きを読む]

» 【蒟蒻畑製造中止】マンナンライフも政治献金しておけば良かった?[それなら、モチ、酒、タバコ…全て禁止だ!] [【ネットEYE】「もりもり」の「今」を読むブログ]
昨日、 少しふれたマンナンライフの「蒟蒻畑」なんですけど、 ネット上でも、反響が [続きを読む]

» 【野田聖子消費者相辞任か】マルチ商法好きの野田大臣が「こんにゃくゼリー」マンナンライフを狙い撃ちにしたワケ[ライバル会社が政治献金?] [【ネットEYE】新「もりもり」の「今」を読むブログ]
世界的な株式市場の混乱で、 影に隠れているんですけど、 野田聖子消費者担当大臣が [続きを読む]

« 石井一議員、公明・創価学会問題で麻生首相に吼える | トップページ | いま本当に「大型株お買い得」なのか? »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

microad

無料ブログはココログ