« 世界恐慌の不安高まる中、選挙しか頭にない内向き所信表明 | トップページ | 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 »

2008年10月 1日 (水)

国会舞台で「麻生屋」の大見得を切れるか、それとも・・・

自民党は麻生首相を勇敢なヒーローに仕立て上げるため、メディア戦略に涙ぐましい努力をしているのだろうか。

それとも、首相は選挙の勝敗を度外視し、自らの信念に従って国の危機を救おうとしているつもりなのだろうか。

今朝の産経新聞には、まるで歌舞伎のようなドラマが描かれてる。筆者なりの要約をするとこんな感じだ。

自公両党の幹部は中山成彬前国交相の失言もあり、衆院予算委で首相が火だるまにならないよう、代表質問後の「10月3日解散」でほぼまとまっていた。

ところが、麻生首相は「野党の追及を恐れて首相が務まるか」と啖呵を切り、補正予算などの審議入りにこだわった。

自民党の大島国対委員長や、公明党の北側幹事長が必死になって首相を押しとどめようとしたが、首相は頑として聞かない。

「予算委員会は政府・与党の主張を正々堂々と訴えるチャンスじゃないか」。

歌舞伎役者ならこのセリフで大見得を切り、「麻生屋」とでも声がかかりそうな場面である。

世界の金融不安が高まるなか、景気対策もしないで総選挙をしている場合ではない。麻生に呼応するように、そんな声が自民党内でしだいに大きくなっていく。

朝日新聞も「麻生首相が与党内の反対を押し切り補正予算の審議入りを決めた」という、産経と同じような趣旨の記事を掲載した。

東京新聞は「審議に入る方針を決めたのは、衆院選で勝利するために、疲弊した地方経済のテコ入れが不可欠と考えている麻生首相の強い意向を受けたものだ」と書いた。

ところで、政務担当の内閣官房副長官は麻生派の松本純、鴻池祥肇という両側近だ。事務方の副長官はなぜか警察官僚の漆間巌で、政治向きのことにはいささか疎い。

官房長官、河村建夫は伊吹派で、実力者といえるほどではなく、むしろ麻生の個性を引き立てる役割が期待されている。本来、官房副長官は官房長官の補佐役だが、麻生内閣の場合は首相と直結していると考えたほうがいいだろう。

したがって、現下の政局における麻生の信頼すべき参謀は鴻池と松本、この二人に尽きる。

とくに鴻池はそのざっくばらんな人柄から、記者の受けも悪くない。時に分かりにくいこともある「麻生節」の解説を買って出るには格好の人物だ。記者クラブの連中へのオフレコ発言は得意中の得意だろう。

今の自民党は全員が黒子に徹し、“オトコ麻生”を浮かび上がらせて、暗い気質の抜け切らない小沢一郎との対比を鮮明にするという暗黙の了解が広がっているように見える。

そういう“戦術”をより効果的にするスポークスマンとして、鴻池あたりが一役買っていそうだ。

自民党側の意を受けて、早期解散にこだわった公明党もやや譲歩し、どうやら10月3日解散はなくなった。ただ、11月2日か9日の投開票という方針は変わっていないという。

麻生首相は昨晩、赤坂のホテルで鴻池、松本、両官房副長官と日本料理を楽しんだあと、ホテル内のバーで2時間近くにわたり“作戦会議”を開いている。

衆院予算委員会の審議で、麻生首相が鴻池らの期待に応えて大向こうをうならせる答弁ができるのか、それとも守勢にまわり、失言まで飛び出してボコボコにされるのか。問題山積で、野党の追及材料にコト欠かない状況だけに、漫画のヒーローのようにいかないことだけは確かである。 (敬称略)

*より多くの方に読んでいただくため、よろしければクリックをお願いします↓↓
Blogbanner2人気ブログランキングへ

« 世界恐慌の不安高まる中、選挙しか頭にない内向き所信表明 | トップページ | 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/335692/24168870

この記事へのトラックバック一覧です: 国会舞台で「麻生屋」の大見得を切れるか、それとも・・・:

« 世界恐慌の不安高まる中、選挙しか頭にない内向き所信表明 | トップページ | 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 »

フォト

1日1回応援クリックお願いします↓

過去の全ての記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

microad

無料ブログはココログ